スポンサーサイト

  • 2013.04.05 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


日めくりオラことば【Vol.29】

・2010年1月4日(月)

「スコアなんか気にするな!!
ギャルの目を気にしろ!!」(野原しんのすけ)


★大事なことですね。

テレ朝に圧力を!〜大木ちゃんインタビュー@クイックジャパン86号〜

JUGEMテーマ:エンターテイメント
『銀魂』が表紙の、「Quick Japan」86号が発売されました。

今回の個人的メイン記事は、「大木優紀アナ、二年振りの登場! 人生を変えた番組『くりぃむナントカ』を語る」ですね。

ナントカDVD発売記念として、大木ちゃんのインタビューが3ページ(+カラー写真1ページ))にわたって掲載されています。

何回も「番組を愛している」と発言してきた大木ちゃんらしく、ナントカへの強い思いが語られています。とはいっても、今回は番組での「大木ちゃん」キャラというよりは、「アナウンサーらしく」インタビューを受けてる感じがしました。すごく丁寧に語っている印象を受けたので。

あんまり具体的に書くのは避けますが、「特等席で番組を楽しんでいた」と何回か話しています。
73号の「くりぃむナントカ」特集の時も、スタッフさんが「とにかく出演者が楽しんでやれる番組作りをしている」と話していたので、大木ちゃんはまさに一番楽しんでいた出演者なのかもしれませんね。

他にも、ちょっと意外な大木ちゃんの一番印象に残っている企画や、最終回収録後の打ち上げでの裏話も載っています。


そして、僕らが望む、「レギュラー復活」については…
「『くりぃむナントカ』のスタッフの中に、権力に働きかける人がいない」そうなので、「外から圧力をかけていただけるといいかもしれないです。」と発言(笑)。

つまり、DVDが売れまくればテレ朝も考えてくれるかも?という事みたいです。
そうはいかない気もしますが(笑)

でも、今回DVD発売関連でくりぃむしちゅーのインタビューが多く掲載されましたが、どの雑誌でも「復活」を匂わす発言を堂々としているので、ホントにDVDが売れれば可能性がグンと上がるのかもしれません。
それに、DVD発売記念イベントでも上田さんが復活宣言っぽいことを言ったとか言ってないとか。

ん〜もしかするともしかするのかなぁ?
前のナンバー2選手権SPの視聴率はそんなに良くなかったけど大丈夫かな?(笑)


まぁ、こうなったら期待して待つしかないですね。
それまではDVDを堪能しましょう!



さて、話戻って「クイックジャパン」、他の記事もなかなか充実してました。

▼表紙・巻頭は『銀魂』で、ほぼ作者1万字FAXインタビュー・作者&歴代担当座談会の2本立てって感じで、キャラクター図鑑とかいろいろ企画があるわけではないのですが、それでも濃い特集だと思います。今『銀魂』は読んでいない僕ですが、また読みはじめようかな?

▼芸人インタビューも盛りだくさんで、伊集院光・ふかわりょう・板倉俊之・TKO・アンジャッシュがそれぞれの新作DVDについて語っています。

▼番組特集&インタビューは、「小島慶子 キラ☆キラ(ラジオ)」「未来は今(ドキュメント)」「たかじんのそこまでいって委員会」「あらびき団」など、TVっ子必読の内容!


▼見逃しちゃいけないのが、コラムページにある、大根仁さんの『夜にはずっと深い夜を』(鳥居みゆき著)書評。タイトルが「鳥居さん、これ凄いことだよ!」ということで、結構褒めてます。もともと鳥居ファンな方っていう訳ではないようですが、テレビにおける鳥居さんについても書かれていて、興味深い記事ですよ。
ちなみに、20ページには『夜深』(勝手に略)の広告も。今は3.5万部なんですね。


こんな感じで、たっぷり楽しめますので読んでみてください。
やっぱ『銀魂』効果で結構売れてるらしいです。




テレビメモ10/2〜10/6

特番シーズンいかがお過しですか。僕は、観てます。…うん。観てます。



10/2(金)
★爆笑人生問題〜答えのないクイズ〜

▽「幸せって何?」「親友って何?」などの哲学的な問題に客の共感を得られるような解答を出すという特番。ゴールデンでこれをやるのはテレ東らしい…?
▽爆笑問題・太田だからこそ面白い番組。解答者ゲストの答えにぶつける、熱くてロマンチックな太田さん流理想論が大好きです。
▽でもセットがめちゃくちゃしょぼくてビックリしました(笑)あと何で最後にジュニアはすべらない話(でやりそうな話)をし始めたの?


10/3(土)
★ノブナガ

▽ミスターノブナガ、B君が登場。すげーなぁ…。畳み掛けますね。
▽ごはんリレーのVTR、最近遊びがエスカレートしてます。夏目アナで寝起き&ノブ熱大陸。さらに丸山Dに起こして欲しい人を寝起きのエリちゃんが募集。まだまだゴールは遠そうだ…。


10/4(日)
★クイズ☆タレント名鑑

▽東京では8月に放送された番組ですが、CBCではこの日放送。
こういう芸能人クイズほんと楽しい!!「出演番組本数を足して21にしろ」「この中で離婚した夫婦は?」など。めっちゃ正解しました。淳の司会もピッタリ。


★世界の果てまでイッテQ!秋の珍獣祭り2009

▽今一番真っ正面から面白いテレビを作っている上質な番組。20%越え素敵!
▽ウッチャン新キャラ・マグネットおじさん。ベッキー&宮川大輔との飲み会シーンが楽しい。


10/5(月)
★しゃべくり007 トッキーさんも大興奮!美女もイケメンもまとめて踏んづけてやろうか!3時間スペシャル!

▽今回はゲストもいい人ばかり。松ケンパートが特に良かった。最高のスペシャルです。お試しかっも面白そうでしたが、こっち一本にしてしまいました。(観るのを)
▽どんどんパターンギャグが生まれてますね。そしてまた次のスペシャルのタイトルになるんですね。(アリペイの「わかったよ!」って使ったっけ?)
▽ダンス対決とか楽しすぎでしょう!ドーモ!!
▽CM前がしつこいのが唯一イヤですね…。まぁそれくらいかまへんけど。やったれ!


10/6(火)
★『ぷっ』すま

▽ビビリ王はエロが深夜と変わらない位だったのが印象に残りました(笑)草剪さんのアドリブもっと見たかったなぁ。
▽深夜パートは若手ビビリ王。こっちはもう僕的には鳥居さんがね。たまんねーんだよ。どうしてくれよう…。ちょっとこれについてはじっくり書いちゃいたいんで、一旦ここで締めます。
お前の鳥居惚れ話はどうでもいいよ!って人いたらスイマセン。でもいちばん好きなんだから仕方ないと思います。

ミタテレビメモ。9/1〜9/2

9/1
『リンカーン』
▼割り箸鉄砲巨大化企画。
神主さんのカミカミ安全祈願に一番笑った。キョドってるような、飄々としてるような、絶妙のカミ具合。


『爆笑問題のニッポンの教養』
▼ゲストは坂本龍一。音楽について興味深いお話をされていました。
サラっと弾いたピアノに鳥肌。
目をつぶって聴き入る太田さんに萌え(笑)
▼「戦場のメリークリスマス」、なんていい曲なんだ。ミスターローレンス!


『私の10のルール』
▼今回は千原ジュニア。
この番組好きなんですけど、(広い意味で)カッコイイ人ばっか出すね。
例えば、森永卓郎さんとかは出れないのかな?いや何で森永さんかはわかんないけど…。


9/2
『爆笑レッドシアター』
▼ジャルジャルのコント「麦わら」に、谷田部、中岡が参加。いい味出てます。


『あらびき団』
▼いきなりのイケメンSP。もう番組構成全体があらびき。視聴者をからかってるみたい(笑)。
若手俳優にモノマネとかさせた後、上の服を脱ぐシーンをさしこみ。どうしろってんだ。
▼「鳥居孝行」という芸人が登場した後、りぃやという別の芸人が、冷蔵庫に「みゆき」と名付けたネタをやってました。
それがどうしたと言われたら、「鳥居みゆき大好き」としか言えないね!


『フットンダ』
▼タカトシが二人ともウマイ。トシはダジャレというより韻を踏んでる感じで、かつ面白い。(今回は、「20世紀少年」→「入籍しようね」が好き)
タカは力技でタカワールドに持って行きます。「ゆるキャラもじり」で毎回マッチョキャラで直球の名前を持ってくるのが好き。今回は、ハワイがテーマで、「ホモルル」(笑)
▼レッドは「フットンダのお兄ちゃん」になりましたねw新たなホームが出来ました。


9/3
『TOKIO@5LDK』
▼菅野美穂可愛いな〜コラー!!今が一番可愛いんじゃないか?見た目もキャラも。


『モヤモヤさまぁ〜ず2』
▼亀有前編。今回は話し掛けてくるおじさんおばさんが多い。
その中でも、フクロウを預かっている中山さんは久々の名キャラ。三村も思わず「中山疲れ」(笑)
▼源氏パイでお馴染みのお菓子会社、三立を推しまくるおばあちゃんもナイス。さまぁ〜ずもかなり爆笑率高かった。

夏休みSPロケモネア〜あと5秒我慢してください。

先日の『ザ・イロモネア』は新企画・ロケモネアSPでした。

ちょっくら振り返って行こうかと思います。
※僕は鳥居みゆきファンなので、鳥居さんびいきな表現が多々見られるやもしれません。



【OP】
▼ウンナン揃ってのロケって久々ですよね。この番組しか二人のレギュラーないから当たり前か。

▼鳥居さん、いきなりナンチャンのお尻を触るセクハラ(笑)
ナンチャン:「今お尻触られた!」

▼小島よしお、ショートverの「ダイジョブ」でカット対策するも、提供バック…。

▼響・長友に雑なフリをする設楽w
「ちょっとヤダ 謝って!」


【1st・釣り堀】
▼チャレンジ順くじ引き。結局バナナマンがトップに。

▼12人挑戦し、ほぼ全員即クリア。審査員の芸能人たちがゲラばかり?
と言うか、スザンヌ、神戸蘭子、小倉優子の3人揃うっておかしくない?鈴木蘭々も若干かぶり気味か?

▼アンガールズ山根、狩野は早くも怪しい雰囲気が漂いました。

▼鳥居さん、エドさんの二人は事前にちゃんと仕込んできてて好き。
鳥居:「肉食いてーっ!!」
エド:「(母親風に)太郎ちゃん!」「只今婚活中!」

▼藤田朋子さん、ゆうこりん、嶋大輔あたりが結構鳥居さんにハマってるそう。
それを聞いて、鳥居:「ホラ見たか小島!!」w(小島は何も言ってません)


【2nd・テレビ局の入口】
▼コスプレ用品が用意されていて、みんなほぼ出落ち状態(笑)

▼日村お得意の郷ひろみwもう見た目!
でも歌マネもかなり面白い。
相方、設楽はなぜか裸で登場wパペットマペットの素顔という設定だったそうです。

▼板倉はプレスリーの衣装で登場。「矢沢です…」
クリア後に急に照れがきて、ナンチャンに辱められましたw

▼アンガ田中はジョイマン高木を完コピ。
内村:「今日の大会なんだろう?」w

▼一方山根は似てない金八で、南原:「はじめて空気がピリッとしたね」
ここで落ちててもおかしくなかった。

▼鳥居さん、まさかの「クルム伊達だよ!!」w
似てはないけど、可愛かったとだけ言わせてもらおう。もうちょっと続きがあったら毒を吐いてたんじゃないかと勝手に予想。

▼狩野は長渕剛のマネ。もう最初から空気がシーンとしてますw2ndステージ唯一の脱落。
チャレンジ後、珍しくナンチャンに「違うよ!」と怒られ、「すいません…」と素直に謝罪。


【3rd・動物園(象のレポート)】
▼日村、ラーメン屋のレポートからの「だーまされたぁ!!」。この一発に賭け、見事成功。

▼設楽、板倉はちょっと不安ながらもクリア。板倉はまたナンチャンに辱めを受けました。

▼ザブングル加藤はお馴染みの「なんで!?」。これいつもそんなにハマってないような…。クリアならず。

▼アンガ田中、以前も大ウケだった「ガイコツで〜す」でクリア。これ絶妙。

▼鳥居さんは、象のエサ(カンパン)を食い、ボロボロこぼしながらレポートw
即5人クリアするも、まだやりたいことがあったようで、「早えーよ!!」とご立腹&泣きマネ。
もうちょっと見たかったですね。
でも「笑いをこらえきれない」と言われ、「うふふー♪」と笑顔にw

▼エドさんは報道レポーター風でクリア。
鳥居さんとは正反対だけど、キャラが強くてウマイ。


【4th・大道芸人(サイレント)】
▼日村はダンス、設楽はパントマイムでクリア。雰囲気で笑える。

▼板倉、曲に合わせて死んだフリでギリクリア。次長課長井上、アドリブでひらめき待ち。アンガ田中、小島、響は審査がユルユルのおかげでクリア。
内村:「もうちょっと(で落ちた)だったのに!」
南原:「あと5秒我慢してください」

▼鳥居さん、体調悪そうに登場。その後、一輪車に乗れてるフリをするも、半ば諦めムードで脱落…。半ギレで「何か?」w
失敗の原因について鳥居さんは、
「(サイレントなのに)一発目に声が出ちゃったんです…」
それでテンパっちゃったそうです。以前も失格になったことがあるからかな。
でも、声が出たといっても「ぐげげ…」みたいな声になってない声(笑)だったから、スタッフもセーフにしてたようですが。気にしちゃったんですね。

で、狩野組入りですと言われ、「(狩野に向かって)黙れ てめぇ 帰れ!!」w
こちらも狩野は何も言ってません。小島や狩野に対してはこういう扱いですね。かるく羨ましかったりして…w

▼エドさんも惜しかったけど脱落。


【Final・ボウリング場】
▼日村、一人ボウリングに「つまんねー!!」からのSHOW-YA、X JAPAN熱唱。脱落。

▼設楽は、「チャラチャラしようぜ」の時のような軽いキャラで絶好調でした。
隣のレーンに投げ、ボールの出てくる所をバイクに見立てたり、カップルに「OK、次ストライクだったらコイツもらうからな」、「20年後にまた会おう!」と、ボールの出てくる所に入ろうとしたり(タイムマシン)。
しかし、最後のブレイクダンスがちょっと弱かったか、残念ながら脱落。

▼板倉、12ポンドの玉とイチャイチャし、「こんなことではプロ失格だ!」(プロだったのかよw)
そして玉を投げ、再び再会w
あと少し時間があればイケたかも?

▼次課長井上、マイペースでゆったりしすぎたか。井上は長めにダラダラした雰囲気のネタが似合うと思うんで、1分じゃ短いかも。

▼アンガ田中、「だから右って言ったじゃ〜ん」
田中らしい動きと言い方で攻めるも、ピンチ。ラスト、再び「ガイコツで〜す」でクリア。100万円獲得!

▼小島、ハイテンションで出てきた時点であんまり無さそう。
普通にストライクを取って2人クリアし、2度目のさかなクンのマネであと一人まで来るも脱落。

▼狩野のエキシビションw。一人も笑わず。キレイにスベり役目を果たす。
ますますふかわ的ポジションが板についてました。

シルシルミシル〜大木ちゃんは「アイドル」だと思う

 
昨日の『シルシルミシル』は総集編ということで、普段ナレーションを務めている、バカリズムがスタジオに登場しました。

そして、スタジオに見に来ていたもう一人のナレーター・大木優紀アナウンサーも、くりぃむしちゅーに呼ばれ、ドッキリ風に急きょスタジオゲストとして出演することになりました。
はあああ、いいぞ〜この展開!!大木ちゃんのリアクションは俺の心をわしづかんできやがる。

有田:「今日は女性ゲストがいないから、大木ちゃんにやってもらうしか…」
大木:「はぁ〜 なんか嬉しいです

キター!!大木スマイル!マブシイ!
これだよこれ!この笑顔こそ大木ちゃんが大木ちゃんたる所以だよ。(?)

そのあとの、AD堀くんの名前がわかるか聞かれて
大木:「つ…ち?」
上田:「さてはOA見てねーな?」
有田:「どうせグータン(裏番組。しかも大木ちゃんホントに好きそう)見てんだろー!」

このやり取り、『くりぃむナントカ』だよなあ…。
懐いね。泣いちゃうね。


もうね、大木ちゃんっていうのは、僕の中での”アイドル”の定義なんですよ。
ちょっと異論もあるでしょうけど。


アナウンサーという職業に誇りを持ち、真面目に生きる姿。
空回りしちゃったり、失敗したりして、テンパる様子。
時に天然で吐く毒。後輩や、同期には意外と強気だったりする。
素直に感動を表現する。素直に凹んだ姿を見せる。
それも純粋ゆえ。純粋な性格だから、後ろめたいこと部分もある。
人間としての感情を、小さな体いっぱいに表現する。
必死にがんばる。がんばる姿は隠せない。

それを見て励まされる。
その姿を、応援したくなる。

それが、本来アイドルの仕事。
それを、大木ちゃんという1アナウンサーがやってのけた。

その軌跡が、『くりぃむナントカ』なのです。


今回、『シルシルミシル』にちょっとだけ登場した大木ちゃんは、その”らしさ”を全く失っていなかった。
ならば、この輝きを、まだまだ埋もれさせてはいけない。
だから、『くりぃむナントカ』のDVDに収録される大木ちゃんの軌跡にもう一度注目して、スポットを当てるべきだと思うのです。


まあ、ようするにもっと、大木ちゃんが見たいんだよ!!ってことです。

音楽寅さん21世紀ベストソング〜予測不能の第1位!

待ってました的な企画。
「桑田佳祐の音楽寅さん」寅さんが選んだ21世紀ベストソング20!!


も〜J-POPしか知らない僕にはたまりませんでした。
桑田さんステキング!

またこの選曲。なんですか!凄っ!
ブームを起こした曲をバッチリ押さえながらも、これが来たか!と驚いた曲もあり。


そんで1位はもう…鳥肌もんな意外性。
カッチョイイゼJAPAN!


じゃあランキング(ベスト5は寅さんのコメントも)書いときますね。



20位:ワダツミの木/元ちとせ

19位:アシンメトリー/スガシカオ

18位:タイガー&ドラゴン/クレイジーケンバンド

17位:地上の星/中島みゆき

16位:Life is…〜another story〜/平井堅

15位:閃光少女/東京事変

14位:SAKURA/いきものがかり

13位:キセキ/GReeeeN

12位:Everything/MISIA

11位:世界じゃそれを愛と呼ぶんだぜ/サンボマスター

10位:マツケンサンバII/松平健

9位:テルーの唄/手嶌葵

8位:君にBUMP/ケツメイシ

7位:愛のままで…/秋元順子

6位:そばにいるね/青山テルマfeat.Soulja

5位:旅立ちの唄/Mr.Children
★う〜ん桜井!テメェ、夜道で背後から忍び寄る影には気をつけろよ!オレは相当嫉妬深いぞ!

4位:Flavor Of Life/宇多田ヒカル
★宇多田という美しきせせらぎが 切なさとエクスタシーの洪水と化した極み… 宇多田は卑弥呼だ。 お前のアソコも夜ひらく!! (いや、桑田さんのコメントだかんね。)

3位:抱いてセニョリータ/山下智久
★いつだったか、君が福山と飲んでる時、俺に電話くれてありがとう!今度は俺とワリカンで飲もう!

2位:千の風になって/秋川雅史
★拝啓、デーブ・スペクター殿… この曲を日本に伝えてくれて、国民としてありがとう!

1位:TREE CLIMBERS/木村カエラ
★カエラはすべて最高!! 木村健吾もよろしく!
※木村健吾…新日本プロレスの稲妻戦士。



…というね。僕、「TREE CLIMBERS」は唯一持ってる木村カエラのシングルで、カラオケでもめっちゃ歌うんですよ。
(そんな自分だけが思い入れあるみたいに言うなバーカバーカ!)

だから、すげーなーと思っちゃってね〜。
ベスト1かよ!って。
いやぁ、かっこよかった〜。

「閃光少女」とか「アシンメトリー」も意外でしたが。


しかしこれ選ばれたら嬉しいだろうな〜。
(って誰目線??)

いやはや楽しかった。
ありがとう!時間を。素敵な。桑田さん!(下手な倒置法)




そして今、録画してた「SMAP×SMAP」観ましたが、伝説のMichael Jacksonドッキリを追悼ということでやってましたね。

もう、ビックリしたSMAPのリアクションの可愛いこと!(笑)

あれを越える「ご本人登場」は無いですね…。


そのあとのビストロも観まして。松嶋菜々子さん、あんな可愛いらしい人でしたっけ?

ユースケさんがペアだったからまた良かったのかもですね。凄いポジションの人です。



ふぅ。なんか話があちらこちらへ行ってて自分に腹が立ってきたのでもう終わります。
シャットダーウン!

生司会で開放・太田ワールド〜クイズ雑学王SP

爆笑問題・太田光。
この人がノッてくるともうたまらなく面白い。

2月4日深夜に放送された、「50時間テレビ クイズ雑学王スペシャル第2部 芸人NO.1決定戦」は芸人オンリーの生放送。

冒頭からハイテンションで、やりたい放題。まさに独壇場!

その中から、僕が声を出して笑った太田さんの言葉をいくつかピックアップしてみます。

1 「ここからは、我々お笑い芸人に時間を下さい!!」
2 「今夜の俺に触れるなよ!」
3 (田中に叩かれて)「ママ〜どこ行ったのママ〜」
4 「千原ブラザーズ!!(個人的ツボ)」
5 「一日ひとつでも面白いこと言えればいいじゃねぇか!なぁそうだろ?…ウォォォ!!エイドリアーン!」
6 「WOW〜OH〜ジョーカーマ〜ン♪ 俺はジョーカーマンだ。」
 「ミキティって言ったって渋谷ミキだぞ!(田中に「誰だよ」と言われて)……俺の同級生〜!!」
8 小島よしおに、「(お互い)頑張ろうな」
  小島:「それ、どう受け止めればいいんですか」
  太田:「……どうぞ(?)」


ここまでで20分経過。
まだクイズ一問もやってません。

流行りネタも連発。ルネッサーンス!京子〜!!ウィッシュ!言うよね〜。イエス、フォーリンラブ!など。

ゲストを活かすどころか、ゲストにフォローされまくり。
田中さんの注意、品川さん、ツッチーの無視ツッコミ(話を遮って「よーし正解を見ていこうー」など)のやりとりも最高です。

しかしこんなことばっか言ってて許される人他にいますかね?
普通なら到底言わない(言えない)ようなギャグを何のてらいもなく言えてしまう。

ホントなら、あんなになかなか番組を進行しない人は司会なんかには選ばれない(いつもあんな風じゃないけど。田中さんがいるし)。でもこの番組のスタッフは、太田さんが自由にやることをある程度わかっていて、やらせていたんじゃないかと思う。
出演者を芸人ばかりにしたのも太田さんのテンションを上げさせるため、みたいな。

太田さんはよく「芸人が好きだ」と言う。芸人仲間と一緒に番組をやれるのが嬉しくて、テンションが上がってしまうんだそうです。
素敵なことですね。

ロンブー亮くん

『ロンドンハーツ』400回記念亮くんドッキリ。
ほのぼの。

ココリコ田中さんのコメントがツボる。
「亮のすごいところは、徹底して噛むって事なんですよ。」

亮さんも自宅隠し撮り中の家族との話し方が笑える。亮くんだから笑える会話。
(ちょっとイラッとして)「お母さんそれ踏まんとって 二度と(倒置)」
(緑茶が飲みたいのに紅茶を出そうとする奥さんに)「何かあったらすぐ緑茶を。」




calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM