スポンサーサイト

  • 2013.04.05 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


クレしん情報など

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
1.オリコンHPにて『スパイ大作戦』増井壮一監督インタビュー。
 http://career.oricon.co.jp/news/86689/full/?cat_id=tw
写真も載ってますね。結構若く見えます。「おなら」尽くしですか…(苦笑)


2.毎度おなじみ増刊号『クレヨンしんちゃん ざ・べすと』4月16日発売
http://www.futabasha.co.jp/magazine/crayon-shinchan.html
まんがタウンで『SHIN-MEN』を連載中の相庭健太先生による16ページの『スパイ大作戦』コミック掲載。


3.mobageにクレしんソーシャルゲーム「恋する47」登場
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110415-00000022-famitsu-game
コレはなんなんでしょうね〜。僕はモバゲーやってないので多分ずっと謎のままになりそう(笑)


4.4月17日(日)24:00〜から放送のV6岡田くんのラジオ番組、『Growing Reed』(J-WAVE)に矢島晶子さんが出演!
http://www.j-wave.co.jp/original/growingreed/
「クレヨンしんちゃんの秘密」を語るそうですよ!


5.単行本『クレヨンしんちゃんThe アニメ ひまわり誕生』、新書『オラの無敵・快適・大進撃だゾ編』が『大全』と同時発売
http://www.futabasha.com/sinchan/comic.html
『The アニメ』はチェックしていないのですが、いわゆるフィルムコミックなのかな?


6.関ジャニ∞『T.W.L/イエローパンジーストリート』のジャケット・PVもクレしんとコラボ
http://www.teichiku.co.jp/artist/kan8/disco/ci824.html
『T.W.L』がA面のTVアニメ盤と、『イエローパンジーストリート』がA面の映画盤は初回限定生産で、それぞれのA面曲のPVとメイキングが収録されたDVD付き。通常盤はジャケットにしんちゃんが。
PVはCMでちらっと見ただけですが、結構ガッツリコラボしてる感じですね!
これはロゴのデザインもOPアニメと同じ林静香さんなのかな?


7.(番外編。ちょっと前の話題ですが)モー娘。田中れいながラジオでしんちゃんのモノマネ披露。
http://www.youtube.com/watch?feature=youtube_gdata_player&v=K9Qx7DASX5s
可愛い。


そういや22日の1時間スペシャルは「エージェント父ちゃんだゾ」という新作と一緒に「仮面ライダー電王VSしん王だゾ」をやるみたいですね。再放送ですかね。

クレしんDVD、第1期はボックスで発売?

今日発売されたまんがタウン4月号の「しんちゃん新聞」にこんなことが書かれています。


速報
新作DVD 2タイトルが7月22日に発売決定!
TVアニメ20周年記念クレヨンしんちゃん
 DVDメモリアルボックス 1992-1993
クレヨンしんちゃん ぶりぶりざえもん
 ほぼこんぷりーと
続報をお楽しみに!


おお〜〜〜!!
ついにきたか!という感じです。

まだこのタイトルしか明かされていなかったので詳細はわかりませんが、『メモリアルボックス』はDVD化されていない第1期のお話を集めたもののようですね。
また、クレしんDVDがボックス形態で発売されるのは初めてのことです。

何枚組になるかはわかりませんが、値段も気になるところです。初期の作品自体はCSでカバーできたりするので、仕様だとか特典なんかが発表されたらまた改めて考えようと思ってます。


また、『ぶりぶりざえもん〜』の方もかなり気になりますね!
おそらく「ぶりぶりざえもんのぼうけん」シリーズをはじめとしたぶりぶりざえもん出演エピソードを集めたDVDなんでしょうね。
ぶりぶりざえもんがスタッフ側にも愛されてるからこそ実現した企画なのではないでしょうか。
そもそも単純に名作が多いですしね。

今までクレしんのDVDでジャンルごとのエピソードを集めたものといえば、昨年ローソンで期間限定発売された『ホ〜ッと心があったまるちょっとイイ話特集』がありましたが、これは半分のエピソードが改めてお金を払わないと見れないPPV方式になっていたりして、お話のセレクトは素晴らしかったのにちょっと満足できない感じのDVDだったので、今回はどういう仕様なのか早く知りたいです。


そして!もうひとつ嬉しいお知らせが。
これも「しんちゃん新聞」に載っていた情報です。



クレヨンしんちゃん20周年記念出版
『クレヨンしんちゃん大全』4月発売決定!!
コミックスからアニメまでを網羅した完全版!詳細は次号で!


これまた待ってました!なニュースです。

「戦国大合戦」公開時に発売された『クレヨンしんちゃん映画大全』がかなり濃い内容で、かなり満足できるものだったのですが、今回も「大全」の名がついているものですから、ははーん、これは期待してもいいタイプのやつなんじゃないですか?とちょっと変なテンションになってしまいます。
出来れば辞書か!ってぐらい分厚い本にしてほしいです。なぜなら大全なのだから。

まんがタウンに載ってる以外の情報としては、こちら、( http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/calview/2011/04/ )
双葉社の新刊情報のページに発売日(4月15日)と著者(大山くまお著・林信行著)が書いてあります。

大山くまおさんは、フリーの編集者・ライターで、『名言力』(ソフトバンク新書)などの著書があります。この本の中にはクレしんに関する記述もあるようです。チェックしとこう。
また、すでにTwitterにて原恵一監督にインタビューをしたことを明かしております。『映画大全』と同じく歴代監督インタビューがあるようです!
また、多根清史さん(雑誌「オトナファミ」スーパーバイザー)が「劇場版のオールレビューを担当した」とTwitterに書いてます。この方は「(大全の内容は)アニメ寄りだと思いますよ」とも書いてますね。

林信行さんは、検索してみたのですがクレしんとは関わりなさそうな感じがするんだけど…。IT関連の書籍を出している林信行さんとは別人なのかな。

現段階でわかってることはこのぐらいでしょうか。


しかし、20周年。予想以上にいろんな動きがあって楽しいですね。最近毎回こんな感じでシメてる気がしますが、実際そうなんだから仕方ないですよね。そう。楽しみです!映画も!




クレしんのイベント開催!

東京の、杉並アニメーションミュージアム【クレヨンしんちゃんThe アニメーションわーるど】が開催されるそうです!
 http://www.sam.or.jp/event.php#286

クレしんのアニメ(「おつかいに行くゾ」「子犬をひろったゾ」「名前はシロだゾ」他4本の予定)上映会と、原作の複製原画などの展示品を無料で見ることができるそうですよ。

【2月23日(水)〜5月22日(日)まで開催】ということで、もうやってんじゃん!
これは是非観に行きたいです。


そしてさらに、大分県城島高原パークというところで、【クレヨンしんちゃんワールド】が開催されます!
http://www.kijimakogen-park.jp/event/2011spring/kureyon/index.html

【全国初開催!】と書いてあるので、新作映画公開期間中に他の地域でもやってくれたりしたら嬉しいなぁ。さすがに大分となると行くのが難しい…。
たしかドラえもんとかアンパンマンもこういう感じのイベントを地方の何箇所かでやってたような気がします。

展示品だとか映像コーナーは杉並のイベントと似たような感じになるのかもしれないですね。
でも、規模によってはなかなか期待できますよ。野原家再現コーナーとかもあるみたいですし。

しかも(まだ公開されていませんが)「フードメニュー」なんて欄もありますね。
チョコビとか一般発売されてるお菓子系が食べられるのかな。
まさか、『流れ板しんのすけ』に出てきた魚の丸焼きとか、『だし取りしんちゃん』に出てきたみそ汁が飲めたりするんでしょうか!?w


しかし、20周年ということでいろんなことがあって楽しいですね。
ちゃんと情報をチェックしとかなきゃ!




2011年公開クレしん映画最新作!!

来年公開のクレしん映画タイトルが発表されました!!

その名も、『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦』!!

テーマはスパイですか!いいですねえ!
スパイ映画といえば、007シリーズ、ミッションインポッシブルあたりが有名です。そういえばスパイキッズって映画もありましたね。僕は映画に疎いので、今挙げた作品は一つも観たことないんですけども…(苦笑)
でも、クレしん映画は名作と呼ばれる映画への愛をこめたパロディが多数登場しますから、この辺の映画を知っているとより楽しめるかもしれません。

…そういえば、今年のガキの使いは「笑ってはいけないスパイ」ですねw まさかガキ使とカブるとは!スパイの勉強のためにも観ておくべきですねw

あと、タイトルに『大作戦』が付くのは『電撃!ブタのヒヅメ大作戦』以来2作目です。(というかブタのヒヅメもスパイ映画?)
なんだか『金矛の勇者』以降わりとマトモなタイトルが続いてます。口に出すのが恥ずかしいタイトルをつけてくれてもよかったのにw


公式サイトで、ポスターも公開されています。
http://www.shinchan-movie.com/
わーカッコイイ〜〜。スタイリッシュ〜。『オラの花嫁』のときと同じなら、これはポスター第1弾なのかもしれませんね。特報的な扱いというか。『花嫁』も最初のポスターをはじめて観たとき鳥肌が立ちましたが、今年もゾックゾクするやろ!な出来だと思います。
この傾向、たまりません。

キャッチコピーは、「父ちゃん 母ちゃん。実はオラ、スパイです」。…おい、イイなこれ。超気になるぜ。


監督は増井壮一さん。クレしん映画の監督を担当されるのは初めてですが、今までの映画で絵コンテを手掛けてこられた方です。どんな世界を作り上げてくださるのか、楽しみです。
そして、しぎのあきら監督からバトンタッチということで。しぎの監督、『カスカベ野生王国』『花嫁』を生み出してくれてありがとうございました。



20周年イヤーに突入して盛り上がる中公開されるこの映画…きっと面白い作品になることでしょう。

来年4月16日(土)公開!待てない!でも待つしかない!

『クレヨンしんちゃんベストセレクション 初期ギャグ傑作選すべてはここからはじまった!編』発売

51ZVNmyiCVL.jpgJUGEMテーマ:漫画/アニメ
Image0011.jpg
本日、アクションコミックスで『クレヨンしんちゃんベストセレクション 初期ギャグ傑作選すべてはここからはじまった!編が発売されました。

この本には、「クレヨンしんちゃん」単行本1巻〜14巻(1992年〜1996年)の中からセレクトされた作品が収録されています。


今回はその名の通りギャグ中心の読切がセレクトされていて、連続ストーリー(続きモノ)や、感動ストーリー、番外編は収録されていません。
(「ななこおねいさんに目のゴミを取ってもらう回は入ってるけど、その続きの回は入っていない」ってパターンはあります)

純粋に笑える回だけを集めているってことですね。

あと、14巻までの話からチョイスしてると言っても最初期(1〜3巻あたり)のカゲキめな話はあんまり入ってないかも。
単行本としっかり照らし合わせてるわけではないのですが。
(クレしんってまんがタウン以外では第〇話って表記がないから、いろいろ調べるのが大変なんですよね…。全1126話ってのもどれを含めてどれを外しているのかがハッキリわからない…)

ちなみに、今回は6巻・10巻・12巻の話はひとつも収録されていないようです。



一応本編は、
【オラ 野原しんのすけ!! 嵐を呼ぶ天才5歳児だゾ〜編】
【今日もオラとみさえの永遠のバトルは続くゾ〜編】
【オラのシュミは行き倒れごっこ 好きな言葉は「平熱」!!編】
【オラは毎日元気ハツラツ 世の中は楽しいこといっぱいだゾ編】
の4章で分けられています。各章、最初の作品が古い作品になっていて、そこから単行本順に並べているって感じです。


そして本編以外には、まず【しんちゃんとママとのお約束】が載っています。『お約束条項』って書き方じゃないんですね。

そして、巻末には【臼井儀人先生が語る!!クレヨンしんちゃん誕生秘話 すべてはここからはじまった!!】が載っています。
これは、2007年刊行の『漫画アクション』創刊40周年特別企画に掲載されたインタビューを再構成したものなのですが、臼井先生のインタビューは貴重なので、嬉しい企画です。そんなに長くはないですが。(大きい文字で4ページ。画像参照。)

…っていうか、僕はこういうインタビューとかデータとかを集めた本を出してほしいんですけどね。『映画大全』みたいな。



まぁそんな感じなので、内容自体は今まで増刊号として雑誌形式で発売されていたものとほとんど変わらないですねw

単行本を持っていない方、もしくはクレしんディープファンにオススメの一冊です。


あ、アマゾンの紹介によると、この『ベストセレクション』、あと3冊出るそうです。う〜ん、俺全部買うのかな…?w

DVD「クレヨンしんちゃん ざ・べすと ホ〜ッと心があったまるちょっとイイ話特集」発売

4月2日、『クレヨンしんちゃん ざ・べすと ホ〜ッと心があったまる ちょっとイイ話特集』というDVDが、全国のローソン限定で発売されました。


「かわいそうなスズメだゾ」
「シロとぬいぐるみだゾ」
「シロの愛情物語だゾ」
「シロと一緒にカケオチするゾ」
「まつざか先生と年下の男の子だゾ」
「友情のリレーだゾ」

の6本がDVDに収録されています。


さらに、PPV(別に視聴料を支払って見ることができるというメンドクサイ)方式で、

「紅さそり隊VSルーズソックス隊だゾ」
「金メダルをもらうゾ」
「よしなが先生、結婚を迷うゾ」
「今日は結婚式だゾ」
「クレしんアンバランスゾーン プチ悪魔」
「ボーちゃんの恋心だゾ」
「父ちゃんの保育参観日だゾ」
「おトイレマンはカッコいいゾ」
「オラの心はエリートだゾ」
「風間くんとシロのお散歩だゾ」

の10本が観ることができます。


DVD自体の価格は990円と、通常のDVDに比べるとお求めやすくなっております。
また、期間限定発売のようなのでお早めに!!



前々から、こういうテーマ別のDVDを出してほしいと思っていたので嬉しいのですが、もっと大々的に売り出しても良かったんじゃないかな〜なんて思ったりもします。

全然告知もされてないですもの。
だからこそ貴重なDVDになる可能性が高いとも言えますが…。


まだ手に入れたばっかりで中身を観ていないので、とりあえず今日はこの辺で。

「みんなのうた」再放送で臼井先生のアニメ

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
NHKで放送されている「みんなのうた」で 臼井儀人先生がアニメーションを担当された『それがボクのおとうさん』(初回放送:1997年2月・3月)が再放送されます。

http://www.nhk.or.jp/minna/new_song/new_song.html

この曲は、映画『暗黒タマタマ大追跡』の主題歌「ひまわりの家」を担当した財津 和夫さんの歌です。

僕も曲の存在は知っていたのですが、一度も見たこと(聴いたこと)がなかったので、ありがたいです。

放送日(現在わかっている分)は、2月10日(水) 午後2時50分〜 (NHK教育)です。

おそらく2月、3月の間、何度か再放送されるかと思いますので、
詳しくはhttp://www.nhk.or.jp/minna/schedule/schedule.html(放送予定)
をご覧ください。

 

まんがタウンの連載、「新しい形」で継続?ほか

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
「思い出を語る会」のことが多くのメディアで伝えられていますね。
それに関連し、今後のクレヨンしんちゃん情報もいくつか伝えられていますので、まとめてみたいと思います。

▼まずデイリースポーツの記事から引用します。

人気漫画「クレヨンしんちゃん」の“続編”が製作される方向で準備が進められていることが30日、分かった。この日、東京・青山葬儀所で9月に亡くなった同作の作者・臼井儀人さん(51)の思い出を語る会が営まれ、出版元である双葉社の関係者が明かした。
 「月刊まんがタウン」に連載中の「クレヨン-」は、臼井さんによる遺作の見つかった3月号(2月5日発売)まで掲載を予定。オリジナル版の連載は同号で終止符を打つが、来夏を目標に「新しい形での連載」をスタートさせるという。臼井さんはアシスタントたちが所属する個人の漫画工房を抱えており「別の作家や工房による新連載を視野に遺族と連載を継続する方向で話し合っている段階」としている。
 すでにアニメ版の放送継続は決定済み。この日は来年度の映画版「クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」(4月17日公開)の内容も発表。未来から主人公・しんのすけの花嫁・タミコがやってきて…というドタバタ劇となる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091201-00000001-dal-ent


以前僕も「『まんがタウン』には漫画としての「クレヨンしんちゃん」の連載を続けてほしい」というような事を書きましたが、やはりそういう方向で話が進んでいるようですね。
公式の発表ではないので細かい部分まで合っているかはわかりませんが、「個人の漫画工房」があるというのは初めて聞きました。(らくだ社とはまた別なのでしょうか?)

となると、田中なつ先生(増刊号で「らくだ社」名義でトリビュート漫画を描いていた?)や、『漫画アクション』で「伝説の軍扇をさがせだゾ」のコミック版を描いた相庭健太先生、映画のコミック本の作画・増刊号の間違い探しのイラストを担当されている高田ミレイ先生らが、その新連載の作画を担当される可能性もある…かもしれませんね。
高田先生は自身の連載(「めいみん。」)も抱えているので微妙ですが。

とにかく、まんがタウンの連載が続くというのは僕としてはうれしいです。
「臼井先生が描くクレしんじゃないと認めない」みたいな意見も出てくるのかもしれませんが、タウンが続いていくためにはクレしんの存在は必要不可欠ですから。
まぁできれば面白いものにしてほしいし、「クレしん」の世界観を下手に崩されるのは嫌ですが、あくまで別物として考えればそんなに抵抗もないと思うんです。


また、映画の内容についてもわずかですが触れられています。「タミコ」というキャラクターがしんちゃんの花嫁として登場するようですね。
もちろんこれだけではまだ何も分かりませんが。「ドタバタ劇」というのも、いつもドタバタしてるっちゃしてるし。


そして、映画公式ホームページ(http://www.shinchan-movie.com/)も『花嫁』仕様になりましたね。(まだ準備中ですが)
しんちゃんの服がボロボロになっているので、派手なアクションシーンがあったりするのかも。

今回のポスターはもうこれで決まりなのかな?だとすると今までのシリーズにないシンプルなものですね。でも「オラ、ケッコンします。」ってキャッチコピーも含め、インパクト大!のいいポスターだと思います。


ほかに、サンケイスポーツにはこんな記事もあります。

当時、すでに18作目のテーマが「未来と花嫁」に決定済み。臼井さんはどんな世界観になるのか、未来のしんのすけがどうなっているのかを楽しみにしていたという。特に、前作「オタケベ!カスカベ野生王国」を手がけたしぎの監督の作風を「過去の映画シリーズのベスト3に入る」と絶賛し、18作目にも期待を寄せていた。

完成披露試写会と公開初日には必ず家族を伴って劇場に姿を見せていた臼井さんの遺志を継ぎ、今後の相談をした双葉社など4社からなる製作委員会に、来年以降の続行を強く希望したという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091201-00000035-sanspo-ent


臼井先生は『野生王国』を非常に気に入られたようですね。しぎの監督嬉しかっただろうな〜。
臼井先生からそんなお褒めの言葉を頂いたのなら、『花嫁』はさらに面白いものにしようと思ったでしょうから、期待できますね。
(はっきり発言者が明記されているわけではないので、真偽は定かじゃないですけどね)


▼そして、もう書店やコンビニで目にした方、買われた方いらっしゃるかと思いますが、お馴染みの増刊号『クレヨンしんちゃん ざ・べすと  オラの父ちゃんと母ちゃんは宇宙一だゾ!号』が発売されました。

今回は「みさえ・ざ・べすと」「ひろし・ざ・べすと」「きゃらくたー・ざ・べすと」「おでかけ・ざ・べすと」「しんちゃん・ぱられる・しあたー」の5章に分けられています。

何度読んでも、どこから読んでも面白い!総294ページまるごとクレしんを満喫できます。

また、定番の高田ミレイ先生がイラストを担当されている間違い探しや、「かすかべ迷店街10選」「北与野博士のヒミツの発明品大図鑑」といったコラムもございます。
(このコラムシリーズいつかまとめて単行本化してほしいなぁ…。)

単行本を全巻持っている方も忘れずにチェックしておきましょう。

正式タイトルは『映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
今回の「臼井儀人先生の思い出を語る会」では、なんと来年公開の映画のポスターも貼ってあったのです。

それがこちらです。(画像荒くてスイマセン)
Image0231.jpg

「映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」
4月17日GW、パンパカパーン♪と大公開!

「オラ、ケッコンします。」

ということでね〜。なんと!!以前東宝が発表したものは誤字だったのです。
「風」じゃなくて「嵐」でしたー。しかも「オラの」ってついてるし。

しかしこのポスターインパクトありますね。早く観てぇ〜!って感じですよね。

ちなみに気になる監督は、『カスカベ野生王国』と同じくしぎのあきらさんです。
脚本は横手 美智子さん。「クレしん」には初参加だと思いますが、いろいろ有名な作品を担当されてきた方だそうです。


はたしてどんなお話なのか?
ななこおねえさんの立場はどうなるのか?

次の最新情報は5日のまんがタウンかな?
まだ来年の話ですが、期待して待ちましょう!


連載3月号まで継続へ/「臼井儀人先生の思い出を語る会」11月下旬開催予定

今日、まんがタウン12月号が発売されました。

多分表紙イラストはすでに発表されているものですね。表紙イラストのストックはもうないんでしょうか?


連載の方は今月で終わりなのかな…と漫画を読むと、とてもこれで終わりだとは思えない、エロ親父ひろしの奮闘記(笑)でした。なんだもう面白れーなーホント。

そして、次号予告はどうなってるのかなと後ろの方のページを開いてみると、「タウンズ・サポーター」のページに「読者の皆様へ」というお知らせが!


そこにはなんと、「新たに数ページの遺稿が見つかりました」と書いてあります!!

来年2月発売の3月号まで連載が続けられるそうです。

でもどういうことなんだろう。そんなに描き溜めていたのでしょうか?それとも今まで未発表だった原稿とかもあるのかな。

とりあえず嬉しいですね。新しいクレヨンしんちゃんが読めることはホントに幸せな事です。


さらに、やっと決まりましたか。
11月下旬に「臼井儀人先生の思い出を語る会」という会が開催される予定だそうです。

詳細は11月中旬頃に双葉社のホームページ等で発表されるそうです。たぶん東京でやるんだろうけど、ぜひ参加したいなぁ。


さらに、12月1日に増刊号「クレヨンしんちゃん ざ・べすと」が発売されます。
これはいつ発売が決まったのでしょう?まぁタウンの雰囲気からして特別追悼的なことはやらないのかもしれませんが。



ということで、ひとまずこれだけ書いてみました。漫画の感想は次の機会に。

ちなみにアニメ感想はまたまた遅れそうです…。

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM