スポンサーサイト

  • 2013.04.05 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


まんがタウン2011年8月号

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
まんがタウン8月号、発売されました。
最近のまんがタウンは最終回ラッシュですよね。

ということで、2011年1月号以降に終了した作品リストを作ってみました。連載期間間違ってたらスイマセン。(※休載期間含んでます。)


『末裔学園☆おとめ組』 (1月号。連載期間2年4ヵ月。)
『シスコなふたり』 (3月号。連載期間4年。ただしゲスト登場期間は除く。)
『飼っちょるハムスター』 (4月号。連載期間2年6ヵ月。ただしゲスト登場期間除き、連載休止期間含む)
『不思議くんJAM』 (4月号。連載期間4年。ただし休載期間含み、前作『ミルククラウンの王子様』の期間は除く。)
『おどりませんっ!』 (5月号。連載期間1年。)
『みねちゃんぷるー』 (6月号。連載期間2年6ヵ月。)
『そんな2人のMyホーム』 (7月号。連載期間5年7ヵ月。)
『ほほかベーカリー』 (7月号。連載期間5年7ヵ月。「まんがタウンオリジナル」で連載開始)
『嫁の名はキリコ』 (8月号。連載期間4年2ヵ月。)


…と、2月号以外は毎月最終回が出ている状況です。

これらの作品の中でも、ボマーン先生と後藤羽矢子先生は連載終了後すぐ新作の連載が発表されましたが、長い間タウンで活躍されていながら一旦お別れ(?)となってしまった漫画家さんもいます。

とくに小池田マヤ先生、佐藤ゆうこ先生はタウン前身の『クレヨンしんちゃん特集号』時代から連載をされている方でした。



一方、2011年1月号以降の新連載の方はどうなっているのかというと、

『少年アシベ』 (6月号)
『偽装男子』 (6月号)
『魔法女子高生 トラノイーカルナ』 (6月号)
『ケイくんとアヤメさんがルームシェア』 (8月号)
(『子供失格』は8月号から毎月連載化)

と、わずか4作品です。
載っている作品数自体も昨年と比べると少し減っています。
全体のページ数は変わっていませんし、ゲストだとか隔月連載だとかで毎回変動してはいるとはいえ、少し寂しいです。
っていうか『少年アシベ』はただの再録だし、こんなことしないでほしかったと思ってます。


願うなら、お馴染みの顔ぶれの漫画をずっと読んでいたいって気持ちがあるんですよね…。
そんなことあり得ないんですけど。
なんか、4コマ漫画って定着してナンボだと思ったりするんで。



結局何が言いたかったのかわからないままですが、ここからは今までどおりの感想的なやつです。



新クレヨンしんちゃん/臼井儀人&UYスタジオ

▼マサオくんの名字は佐藤だという設定をハッキリさせるため(?)のセリフが出てきましたね。
今後アニメでも活かされてくるのでしょうか。

▼新クレしんは今まで臼井先生が作ってきたワキ役のキャラをスターシステム的な感じで再登場させる傾向がありますね。というか、今はまだ「クレヨンしんちゃん」の再現の段階って感じでしょうか。(違うか)
個人的には今までの世界観を守っていこう!だけじゃ物足りなくなっていくと思うのですが、だからといって壊せばいいってもんじゃないし…。難しいな。
何にせよ応援していくつもりだけど。

▼今回のマユツバ子ども塾(「マユツバ」というワードも頻繁に登場しますね)の先生は内巣塩人(12巻に登場)とそっくりです。


派遣戦士山田のり子/たかの宗美

▼「東北・北関東と共に歩いて行こう」って扉に書いてあるけど…同じ日本なんだから当たり前だと思う。


ちっちゃいナース/荻野眞弓

▼こんなナース用の水着あるのか?w瞳子さんだからこんな感じになったのかな。


ケイくんとアヤメさんがルームシェア/ボマーン

▼『ほほかベーカリー』のボマーン先生の新作。なんかライトノベル?っぽいタイトルだと思いました。別に話も絵も似てないけど、美月李予先生の『OH!シスター』をちょっと思い出した。
『ほほか』ほど自由な感じにはならなさそうだけど、これから楽しみ。あんまりストーリーにはならないでほしいな…


嫁の名はキリコ/佐藤ゆうこ

▼最終回。寂しいなぁ。続編で「娘の名は○○」みたいなの始まらないかなぁ。


SHIN-MEN/原作:臼井儀人 脚本:中島かずき 作画:相庭健太

▼やっとニョキのメイン回。先週アニメでも放送されましたね。
っていうか最初、コミック版はアニメとは違うオリジナルストーリーって言ってなかったっけ?w
今回は完全に同じ展開ですが…。
でも、アニメ版は湯浅さんらしい世界観とか動きを中心に感覚で見れて、ドラマチックなストーリーや少年マンガ的な熱さをコミック版で楽しむ事が出来るから、それぞれ楽しみ方は分けられてるとは思う。それぞれ好きです。


あ、広告ページでコミック版「アクション仮面VSハイグレ魔王」のお知らせが載ってますね。
(コミック版と言うよりは高田ミレイ版と呼びたいです。)
もしかして、今までの映画全作コミック版で出そうとしてるのかな…。

うーん、でもこの影響(たぶん)で『中華なOLめいみん。』が休載になるのがイヤなんですけどw っていうか『めいみん』の単行本も出してくれよ〜!



ママはパートマスター/田中なつ

▼田中なつ先生きたあああ!!でもまたゲストかーい!!
誰かが休載する時用の代原みたいなポジションなのかな…。

▼僕はもうなつ先生の絵を見るだけで心が癒されるんです。(もちろんネタも好きです)
次こそ連載で登場してほしいです!


節約家・カオルさん/くらた美香

▼『カオルさん』って、正直人気どれくらいあるんだろう…。このポジションの割には(失礼)かなりの長寿連載だよなぁ。カラーとかにもならないし…いや、すごい好きだからこんな感じでずっと続いてほしいんだけどね。


鎌倉ものがたり/西岸良平

▼タウンで見開きページがあるとビックリするw 昔は巻末連載だった「ユッタリ号つれづれ日記」(だっけ?)とかでやってたけど。


ファミコン/美月李予

▼3回連続ゲストの第2回。美月先生の作品も「クレヨンしんちゃん特集号」の頃から読んでたから、また連載始めて欲しいなぁ。


せんせといっしょ!/笹野ちはる

▼最近ますますハマってきました。なのにこの位置…。タウンって掲載位置に何か意味があるのかな。


間の広告ページにケータイ漫画大賞の1次選考結果が載ってますけど、「ティーチャーラビット」って作品の佐藤晴美さんって何回かタウンに登場済みですよね。
ケータイ漫画読まないけど、今後の選考にも残ってほしいです。


まんがタウン2011年6月号

今日発売の「月刊まんがタウン」6月号の感想みたいなやつです。
未読の方ご注意下さい。



何かいろいろ事情があるのでしょうか?今月から『少年アシベ』をフィーチャーし始めましたね。
表紙にはでっかくゴマちゃんのイラストが描かれています。

漫画も載ってますが、再録ですもんね…。
次号も巻頭カラーみたいですけど、新作ではなさそう?
うーん…これでタウンの売れ行きがアップするならいいか。なんつって。


『派遣戦士山田のり子』たかの宗美

▼山のり、君江和佳、山田さんに恋する男(杉山っていうんですね)の三角関係!珍しい展開でいいですね。


『そんな2人のMyホーム』樹るう

▼ついに結婚式…。そして次回で最終回ですか。てっきり結婚後も連載は続くもんだと思ってたら。
あ、まさか『そんな3人のMyホーム』にリニューアル…!? と言ってみました。何が出るかな。(?)


『魔法女子高生 トラノイーカルナ』後藤羽矢子

▼『シスコなふたり』の後藤先生の新連載。普通の女子高生が魔法のスティックでいろんな姿に変身するという王道の設定ですが、これからどういう展開していくかはまだわかりませんね〜。
後藤先生の作品は『シスコ』しか読んだ事ないのですが、何となくそのままの王道すぎる展開にはならないんじゃないかな?とか思ったりしてます。


『無敵なおかん』神奈川のり子

▼オトンがカワイイです。「なんで大人の男用のセットは無いんや!」とか「わしは美しくならなアカンのや」とか。


『SHIN-MEN』原作:臼井儀人 脚本:中島かずき 作画:相庭健太

▼第5話はスィが主役。そういえばアニメ版は4月も5月も放送がないんですね。ホント不定期放送だなー

▼今回の舞台は世界一美しい大陸・みちゃえ大陸w
「世界一美しい」って冠をみさえの姿に付けちゃっていいのか?w
さらに、デカいシロ・料理人ぴろしも登場。野原一家(っぽいキャラ)がよく出てきますね。ひまわり(っぽいキャラ)はまだいないけど。


『新クレヨンしんちゃん』臼井儀人&UYスタジオ

▼亜久得電機の人、仙居おちるに似てますねw

▼クレしんではお馴染みの、すれ違い・勘違いストーリーですね。(アンジャッシュのコント的な)
こういう話好きです。



『鎌倉ものがたり』西岸良平

▼切ないですねぇ…。
前世で結ばれながらも悲しい最期を遂げた二人が生まれ変わって現代で結ばれ、恋が実ることなく最期を迎えた秀行は、その想いを夢の中でやっと伝えることが出来ただけ…。
次に生まれ変わる時は幸せになれますように。


『こわれたてのレディオ』武井達人

▼「この瞬間にこんなことしてるのは俺だけだ」って妄想、よくしますよね。何でもいいからオンリーワンになりたいという。


『ほほかベーカリー』ボマーン

▼今回はくだらない度が高くて面白い!おしゃれな泥棒見てみたい。


『蝶のように花のように!』柳瀬ルカ

▼この4人で展開する話はイイですね。結構仲良くやっていけそうなんじゃない?w


『嫁の名はキリコ』佐藤ゆうこ

▼前回キリコちゃんの妊娠が発覚。今回は最後のページで地震直後の二郎さん夫婦のエピソードが。
二郎さん、素敵な旦那さんです。キリコちゃんが二郎さんを変えたんでしょうね。
でも、とくに書かれてませんが、こちらも次号で最終回の予感…


『せんせといっしょ!』笹野ちはる

▼ACネタ、「おはヨーグルト」ww
確かにあのCMは茶魔語みたいなもんですね。
そして欄外(担当編集者が書いてる一言欄)にはしんちゃん語!



『かりあげクン』植田まさし

▼「リバーシブル」「キャスターつき」の2本がかなりハマりました。発想はもちろん、ある意味かりあげクンの表情が笑えるネタ。



以上でーす。
次号は美月李予先生がゲストみたいですね。楽しみです。



まんがタウン2011年4月号

久しぶりにまんがタウンの感想でも書いてみようと思います。
ちょっとだけですけど。

▼先月号まで左ページの欄外にあった「はみだしトピックス」がなくなって双葉社コミック文庫の紹介になってますね…。しかもなんとなく即席感ありません?

正直な話、ほとんど読んでなかったんですが(笑)、無くなるとちょっと寂しいですね。



『三色だんご』山田まりお

▼最初のネタ、「アナログです!」って画面の非道な感じがいいですね(笑)


『ママはパートマスター』田中なつ

▼3号連続ゲストのラスト。寂しいなぁ…。最初は前作の『りさいくるくる繁盛記』の方がいいなーとか思ってたのですが、回を重ねるごとに面白さが増してきました(と言ってもたったの3回ですが…)。

今までも何回か田中なつ先生を絶賛してきましたが、田中なつ先生の4コマは一番4コマ読んだな〜って気分にさせてくれるので好きです。あと、作者本人が楽しんで描いてるのが伝わってくる。(想像でしかありませんが)
今回の作品も、そんな楽しさを感じられるものだったと思います。

今度こそ本格連載化してほしい!と切に願います。



『SHIN-MEN』原作:臼井儀人 脚本:中島かずき 作画:相庭健太

▼第4話前編。風の噂が作る噂の風、って発想が面白いです。
あと、アニメ版より臼井先生の世界観を残してる感じがします。今回はまつざか先生がマツザッケローニ・ウメという役で登場しましたし、今後もクレしんキャラが出てくる可能性が高いですね。(アニメ版は今のところひろしとななこおねいさん以外出てないです)

▼でも、月1の連載で前後編だと、アニメで設定を先に知ることが増えそうですね。ストーリーは微妙に異なってますが、今回のヒューの話も放送済ですし。

▼最後のページのカンのお見合い写真、貴重な着物姿!


『新クレヨンしんちゃん』臼井儀人&UYスタジオ

▼くどい顔決起集会最高ですねw 増尾さんがモデルのキャラ多すぎww

▼手をゴシゴシしすぎて煙が出るってギャグは意外とクレしんにしては珍しいような気がしました。好きですけどね。



『鎌倉ものがたり』西岸良平

▼ペンネームまで「魔物」にしなくても!www


『こわれたてのレディオ』武井達人

▼娘と間違われて告白されるお母さんのネタが一番好きです。今のタウンにないタイプの4コマなので楽しいです。徐々に好きになってきました。







まんがタウン2010年6月号

今日発売されたまんがタウンの感想を簡単に。
(ネタバレ含む!)




表紙は山田のり子&かりあげクンがドーンと。どちらも無表情ですねえ(笑) まぁしんちゃんも表紙ではそんなに表情はありませんでしたが。


★そんな2人のMyホーム/樹るう

4コマじゃないですね(笑)。でもテンションの高いギャグ路線で良いです。


★くるりのこと。/富永ゆかり

遠足、懐かしい。甘い卵焼きいいですね。
ところで、前作の「天下無双!恋メガネ」の単行本が12日に発売されますが、表紙イラストのタッチが何だかいつもと違いますね(笑)ちょっとエロマンガっぽい。


★おどりませんっ!/たかまつやよい

新連載。主人公の彩、カラーでは黒髪なのにモノクロでは色が変わってるから違う人物かと思いましたよ。


★光の大社員/OYSTER

松尾芭蕉が上司にしたい忍者10位に入ってるのがいいですね(笑)
秘書ネタ2本ともめちゃくちゃ面白いです。光の「飾ってありますねェ」の言い方もいい。


★かしこみっく/池尻エリクソン

イナリ様かわいいです。笑顔のまま空気清浄機に吸われるとこたまりません。


★ほほかベーカリー/ボマーン

ほほか、「さもありなん…」とか使えるんだ〜(笑)


★クレヨンしんちゃんメモリアル/臼井儀人

今回から読者が(いつの間にか)選んだ人気エピソードを再掲載していきます。vol.1はシロ初登場エピソード3本。どのキャラも絵柄はだいぶ変わりましたが、特にシロは今と全然見た目が違いますね。しかしおやつにネギって(笑)

「しんちゃん新聞」アニメ放送予定。
5月は休み無しで何よりです。「ひとりでお留守番だゾ」って、もう何回もしてると思うんですが…どんな話なんですかね。
そういえばしんこちゃんシリーズは今年1回やっただけだな。やっぱりあれで完結だったのかな。


★鎌倉ものがたり/西岸良平

西岸先生が紫綬褒章を受賞されたのですね。おめでとうございます!
そして今回の話もすごい!!唸ります。


★嫁の名はキリコ/佐藤ゆうこ

キリコの実家が名古屋なので、名古屋メシネタ。僕も名古屋なので今回の話は嬉しい。スガキヤは名古屋人にはお馴染みすぎるファストフード的ラーメン店です。そこら中にあります。僕は週に1度は必ず行きます。佐藤ゆうこ先生も名古屋出身なのかな?


★中華なOL めいみん。/高田ミレイ

普通のOL姿のメイミンちゃん、貴重ですね!これが見れるだけで今回のタウンは買う価値があると思います。



次号のまんがタウンは、巻頭カラーで「だめよめにっき」の最終回。今月でヨメちゃんが妊娠した(?)のでそうなのかなーと思ったら…。淋しくなりますね。

次号は「めいみん。」お休みっぽいです…。うーん、『オラの花嫁』のコミカライズ作業のためですかねぇ。

…なんか来月は楽しみじゃないなあ(笑)

高田ミレイ『けいちゃんに一本!』

Image0011.jpg
現在、「まんがタウン」にて『中華なOL めいみん。』を連載中の高田ミレイ先生。

このブログでも何度か取り上げていますが、『映画クレヨンしんちゃん』コミカライズ単行本の作画を担当されていたり、総集編増刊号の間違い探しイラストを描かれていたりと、クレしんファンにはお馴染みの漫画家さんです。

そんな高田先生が過去「まんがタウン」で連載していた作品をまとめた単行本、『けいちゃんに一本!』を最近購入しました。

この単行本は2005年に発売されたものなのですが、僕はちょうどこの頃「まんがタウン」を読むのをやめていた時期だったので、発売されていたことを知らなかったのです。
(「まんがタウン」の双葉社からではなく宙出版から発売されているので、もしかしたら本誌では宣伝されてなかった可能性もありますが)

残念ながら新品を買うことはもう難しくなっているようなので、今回はアマゾンの中古で手に入れました。


この単行本には、表題作『けいちゃんに一本!』(2001年〜2003年連載)のほかに、『パパがいなくちゃ!』(2003年〜2004年連載)、『ぴかぴカクテル』(2002年〜2003年連載)、『一寸寄道』(6ページの未発表作品)という4作品が収録されています。

つまり、『めいみん。』以前のまんがタウンにおける高田ミレイ漫画を全て堪能できる豪華な本なのです!
(もしかしたら収録されてない回があったりするかもですが…。)

本編以外にも、書き下ろしのおまけページや、『JIN』『六三四の剣』の村上もとか先生によるお祝いメッセージ(※ミレイ先生は村上もとか先生の元アシスタント)があったりと、見所満載です。


ミレイ先生の漫画は(巻末の「お祝いメッセージ」で金平守人先生も書かれていますが)、萌え系やシュール系、ストーリー系(4コマなのにギャグがなかったり、4コマ目でオチてない漫画も多いですよね。)の4コマが氾濫する中で、正統派の、これぞ4コマ!と言える作品ばかりです。

また、村上もとか先生のもとでアシスタントをしていただけあって、画力も高いです。なにしろ丁寧で綺麗。初期の作品はちょっと固い印象も受けますが、今では丸みが出て調度良い可愛いらしさのある絵になっています。


もし『めいみん。』やクレしん関連で高田ミレイ先生を知って、他の作品も読みたいと思った方がいらっしゃったら、是非この単行本を読んでみてください。

…『めいみん。』も単行本化しないかなあ〜。


(追記)高田ミレイ先生、mixiやツイッターもやられていたんですね…。
知らなかった…

まんがタウン2010年3月号〜感想の続き〜

●そんな2人のMyホーム/樹るう

▽前回の続きで、舞ちゃんINお風呂DEヒロちゃんTOテレフォンショッキング(なんだこの文)。
▽ちょっとトキメキすぎじゃねー?俺(おまえかい)。
▽これからはヒロちゃんが輝と上手くやっていけるように奮闘するみたいな展開か?
同時に二人きりのデート話なんかもありそうで、まだまだ盛り上がっていきそうですね。
▽来月号では、クレしんに替わり巻頭カラーを担当するようですが、表紙はどうなるんだろう。


●はいぱー少女 ウッキー!/むんこ

▽お母さん、察知したならウッキーにも教えてあげて!


●派遣戦士 山田のり子/たかの宗美

▽チョコソーメンはまずそうだなー。っていうかこの「恋する男」に対する山のりの反応が可愛いんですけど。
▽おっ、まさかの新キャラ!君江和佳。山のりをお姉様と慕う百合キャラ(が何かよくわかんないけど)。
今月号から百合マンガ(ってゆーのかわかんないけど)も始まりましたし、なんかそーゆーのが流行ってるのか?
ま、今までも「ゆず☆らん」とか「恋メガネ」にも白百合さんとかいたし。ベタなのかな。


●くるりのこと。/富永ゆかり(新連載)

▽ゆかりんの新作。OLラブコメから一気に小学生の日常4コマにチェンジ!w
ゆかりんは映画「ぐるりのこと。」を観たのでしょうか。(僕は観てない)
▽大原なち先生の「コトちゃんの空」をちょっと思い出しました。共通点は純粋な女の子が主役ってとこぐらいですが…。
▽まぁ相変わらずいい具合に可愛い絵ですこと!「これ以上萌えっぽい絵になると多分受け付けなくなるな」っていう具合。ちょうどええ。
▽「こころはくものうえにいてもいいですか?」「あしたのじゅんびはあしたになってからする」等、子供のドキッとするようなピュア部分をフィーチャーしてますね。
これからも楽しみです。いつかゆかりん作品についてもたっぷり書いてみたいな〜。(こんな事ばっか言ってる)


●三色だんご/山田まりお

▽ママの同窓会。この人もピュアすぎる!


●ほほかベーカリー/ボマーン

▽「ラタトゥイユ」は鳥居みゆきの『みみずひめ』で知りました。(全く関係なくてスイマセン)


●かしこみっく/池尻エリクソン

▽ダジャレとか言葉遊びネタが多くて好みです。脇役の顔がいちいちイラっとします(笑)


●光の大社員/OYSTER

▽もうね、1本目みたいなオチてないオチ大好きですよ。「白昼のラッパー騒動」もアホでいいですね。ツッコミ不在で。


●節約家・カオルさん/くらた美香

▽フィーリングカップルのネタとか新鮮です。3パターンあるってのがまたイイ!
▽…5円チョコはどうだろね(笑)


●だめよめにっき/私家カヲル

▽最後の「ほれてまうやろー」のオチはビックリしました(笑)。 バカですね〜これは(笑)でも好き。


●龍天寺夫妻の生活/たかまつやよい

▽娘の成長した姿見せるのはやっ!!


●鎌倉ものがたり/西岸良平

▽貧乏神が登場。亜紀子さん優しいなぁ…。この漫画はまた別格ですね。


●中華なOL めいみん。/高田ミレイ

▽あ、こっちでもソーメンチョコ出てきた。こっちはゴミって言われてるけど。
▽「めいみん」でおっぱいネタって珍しい!…これはおっぱいネタって言わないか。


●嫁の名はキリコ/佐藤ゆうこ

▽二郎さん、変に我慢して笑ってるとこんなんなっちゃうんですね。「ウフフ グフッ」はダメだよ(笑)
▽新担当杉山ちゃんって、有馬くんじゃなくなったのかー。


●よせ☆あげ/笹野ちはる(最終回)

▽あれ、最終回?最近もカラー多かったけど、人気なくて…ではないのかな。
前作も「すてきなムコさま」と同時期に終わって、今回も「恋メガネ」が終わり、こちらも…。ゆかりんと何か関係が?(ない)


●かりあげクン/植田まさし

▽今月は「一生」と「リピーター」が好き。たしかに動物園のパンダはずっと遊んでるっちゃ遊んでるし、それが仕事っちゃ仕事。
ハッ、じゃあパンダーズ(ガッポリ建設)は…!?



まんがタウン2010年3月号〜臼井儀人先生、長い間ありがとう!!〜

本日、ついに臼井儀人先生の描く「クレヨンしんちゃん」の最終回が載っている『まんがタウン』が発売されました。


まず、表紙について。
今月号は通常の表紙と違い、クレしんのキャラクターのイラストのみで構成されています。

25パターン(映画のイラストは除く)のしんのすけと、ひろし・みさえ・ひまわり・シロ・風間くん・マサオくん・ネネちゃん・ボーちゃん・アクション仮面・カンタムロボ・ぶりぶりざえもんのイラストが表紙中にちりばめられています。

そして、大きく「ありがとう!!」の文字。
『まんがタウン』のロゴの上には「オラ、これからも頑張るゾ!!!!!!!! 臼井儀人先生、長い間ありがとう!!」

とても賑やかで楽しい表紙なのに、見てるだけで涙が出てきます。


※ここからは漫画の内容について触れていきますので、未読の方はご注意下さい。※




●クレヨンしんちゃん/臼井儀人

▽夜、救急車のサイレンで目が覚めた隣のおばさん。外に出ると、救急車は野原家の前に。
担架で運ばれてきたのはみさえ。しんのすけは心配してるのかと思いきや、救急車に乗るのをうらやましがっていただけでした。

▽隣のおばさんにしんちゃんとひまを見ててもらうつもりでしたが、神出鬼没の代名詞・しんちゃんは当然いつの間にか救急車内に。
熱を測ってもらってる時の表情が絶妙です(笑)

▽みさえの「私もうダメかもしれない」という発言に、「そんなにダメじゃないよ!!そこそこの主婦だよ!!」と励ます(?)しんちゃん。 こんな主婦はなかなか居ないですけどね。いろんな意味で。

▽搬送先はタウンクリニック。鬼瓦築造の恋人(?)、白猪天子さんのいる病院です。
しんちゃん情報によると、そこには加藤夏希似のナースがいるそうな。それは気になる(笑)
救急隊員の人も思わず「私も何度か見かけたことありますよ!!」と食いついてしまいました。この人、ノリツッコミも出来るし、なかなかノリがいいですね(笑) まぁクレしんに出てくる人は大体ノリかいいですが。

▽みさえは結局食べすぎによる胃炎でした。人騒がせな主婦だ。おケイさんとランチバイキングで死ぬほど食べたそうです。「元とらなきゃ」って思ったんでしょうか。

▽一晩入院することが決まり、翌朝、会社を休んだひろしとしんちゃん・ひまわりが迎えに行くことに。

▽病院の受付でダジャレ&ナンパをかますしんちゃん(笑) 相変わらずウマイこと言いますね。

▽みさえに「オレおまえのいない生活なんて考えられないや」と改めて自分の気持ちを話すひろし。
それに対しみさえは「家族は誰が欠けてもダメなんだから…」と言い、ひろしの手に触れる。
クレしんの描いてきた家族の在り方を象徴するような名シーンが誕生…!と、ここで加藤夏希似ナースを見に行っていたはずのしんちゃんが、気をつかってカーテンを「シャーーッ」と閉める(笑)
うん、ここまでがセットでクレしんですよね!

▽病院を後にして、急に「車のとこまでかけっこしよっか?」と自ら提案するみさえ(笑)
もうそんなの当然……あーあ。骨折で再入院です。また尻もちで骨折ってのがカッコワルイというか、みさえらしいというか(笑) 「だおおおおっ」って叫んだのかな。



…と、本編はここまででした。

『まんがタウン』編集部が「遺稿が見つかった」と発表したのは2009年12月号でした。
そこから本編vol.1124〜vol.1126と、2本の「プッチプチひまわり」が遺稿として掲載されてきたのですが、掲載順として今回のvol.1126が一番最後を飾るのに(結果として)相応しい話だったかなと。

まあ最後の最後に骨折してしまったみさえはカワイソウですけども(笑)


本編の後、「『クレヨンしんちゃん』のファンの皆様へ」というページが用意されています。

一部抜粋しますと、


アニメ、映画の『クレヨンしんちゃん』は今後も変わらず放送、公開されていく予定となっております。引き続き御声援をよろしくお願い申し上げます。
なお、漫画に関しましても続編の製作を検討しております。ファンの皆様に温かく迎えて頂けるような新しい『クレヨンしんちゃん』をお送りしたいと考えておりますので、こちらもご期待ください。


とあります。
まだ具体的に続編の発表はなされませんでしたが、その前に「今号の第1126話をもちまして最終回となります。」とあるので、そのまま第1127話として描かれるのではないと思います。

あくまでも漫画の『クレヨンしんちゃん』は臼井先生の作品ですからね。その上で続編というか、別の形で漫画の連載をするというのは僕は賛成ですし、変わらず読んでいきたいです。
期待して待ちたいと思います。


そして来月の「まんがタウン」ですが、最新映画『超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』のコミカライズ作品が掲載されるそうです。

今までは増刊号に収録されていたような、オープニング部分を漫画化したものでしょうかね。

ただ今回は高田ミレイ先生ではなく、以前『漫画アクション』にてアニメ「伝説の軍扇をさがせだゾ」のコミカライズを担当された相庭健太先生が作画をされるようです。

この方は高田先生以上に臼井先生の作風を踏襲されている方ですから(アシスタントだったのかは不明)、もしかしたら続編というのもこの相庭先生が担当される可能性もかなり高いと思います。

こちらのコミカライズも楽しみにしましょう。


…で、ほかの漫画の感想はまた後ほどにさせて頂きますね。
とりあえず今日は「クレヨンしんちゃん」の最終回について書かせてもらいました。


最後にあらためて。


臼井儀人先生、今まで本当にたくさんの笑いと感動をありがとうございました!
これからもあなたの生み出した「クレヨンしんちゃん」を応援していきます!

じゃ!そーゆーことで〜!

まんがタウン2010年2月号

毎月恒例のまんがタウン感想です。
(未読の方はご注意ください)

表紙は『クレしん』と『かりあげクン』が2本立てということでピースサイン。ちなみに2009年はグー!サインで、2008年は今年と同じピースサイン(コピーが「ブイブイ」だった)でした。


・クレヨンしんちゃん/臼井儀人
▼いよいよ来月号で遺稿分が終了しますね…。でもタウンはそういう事を匂わせないようにしてますよね。それが正解だと思いますが、やっぱり複雑です。

▼今回はなんと!マサオパパが登場…!!と言っても後ろ姿だけですが。
マサオ一家はみんな同じ顔っぽいです(笑)

▼しんちゃんの即興ソング、チョコビとしんちゃんの関係は深い(笑)。ボーちゃんは韻を踏んでますね。カザマザコン(笑)は、ベタな英語を並べてます。

▼二本目は「プッチプチひまわり」。
園長はほうきがけの時かなりリラックスしてますな。ただ上尾先生に撮影されてる!

▼ひまわり言葉遣い悪いですねー(笑)
この色仕掛けはゲンキくんだから通用してるのか、結構マジで可愛いのかどっちかな。

▼さて、「しんちゃん新聞」のTVアニメ1月放送予定ですが、8日以降は毎週あります。
15日にはしんこちゃん。どうやら今回は再びしんちゃんと遭遇するようです。
29日は「思い出のパース旅行だゾ」前後編。これは「カザマ君がオーストラリア旅行にお出かけ。」とあるので、原作つきの話だとしたら、ついに風間パパがアニメ初登場!かもしれません…。楽しみ。


・かりあげクン/植田まさし
▼4P+巻末8Pの豪華2本立て。すごいなぁ…でもその理由は…?いやいや、理由なんてないよね。

▼「メガネ」「レントゲン」「カイロ」がとくに好きでした。


・派遣戦士山田のり子/たかの宗美
▼正月だからか、いつもより人間らしい感情が見える山のりが堪能できます。風邪気味だったり、はしゃいだり、休憩を見破られたり。いいぞいいぞ〜!


・はいぱー少女 ウッキー!/むんこ
▼2巻発売記念(かは知らないけど)特別編・魔法のステッキでいろんなものに変身。
競馬好きのおっさんがリアルw


・天下無双!恋メガネ/富永ゆかり(最終回)
▼急な最終回です…。それぞれのキャラが出来上がってきたとこだったのに。残念。

▼ハンドクリームのネタ、たまに漫画で見るけどホントにやる人いるのかな?やられたらそりゃ「もう今日は何もいらない」ってなるよ!

▼さわやかな会話笑った。あるあるw

▼『恋メガネ』は今までで一番ラブコメ要素が強く、新しいゆかりんワールドが見れた作品でした。毎回天華さんの独白で終わるとこも好きだったし。
現在の代表作『クロジとマーブル』が王道の猫まんがで、正直動物モノが特別好きでない(もちろんクロマーは好き)僕にとってはこちらの方が人間キャラ(笑)がたくさん出てきて好みだったんです。
だから、結構休みがちだったのも残念でした(クロマーは休載してない)。もしかしたら富永先生がそんなにノッて描けなかったのかもしれないけど。

▼結果全17回ということなので、多分単行本化はないな…。と、がっかりしてましたが、次号から早くも新連載スタート!!あ〜良かった〜!
タイトルは「くるりのこと。」 おいおい、映画のタイトルと一文字しか違わないじゃないの(笑)まぁいいか。
次号予告にイラストが載ってますが、超可愛いです。「ちょっと個性的な小学一年生の女の子くるりのキラキラな毎日を見に来てね!!」ということで…。子供が主人公というのはこれまた初めてです。
小学生の女の子が主役のマンガは現在では『ウッキー』がありますが、どんな作品になるでしょうね〜。
タウンの代表マンガになるといいなあ。

▼すっかり富永ゆかり作品の話題が長くなりましたが、タウンでは臼井先生の次に好きな作家さんなのでね。致仕方ないと思ってます。


・シスコなふたり/後藤羽矢子
▼まんがタウンでこういう場面が描かれるのって初かな?あ、『だめよめにっき』があったか(笑)


・節約家カオルさん/くらた美香
▼カオル母・サオリさんが初登場。まんまカオルさんですね。

▼白鳥さんが母とリンクして何かを感じるトオル。


・光の大社員/OYSTER
▼いつも面白いけど、今回はとくに面白い!その中でも車の修理サービスネタのくだらなさは群を抜いて好き。
「破門じゃあーッ!!」も笑いました。


・かしこみっく/池尻エリクソン(新連載)
▼久々に個人的ヒット作が出ました。絵もタイプ。
作者のブログを見ると、「数回分はか掲載が決まってるけど、それ以降はアンケートと編集部次第」だそうです。タウンもやっぱアンケート影響あるんだ〜…って当たり前か。そういうのが気になっちゃうのはバクマン病です。


・りさいくるくる繁盛記/田中なつ(ゲスト)
▼ほぼレギュラーゲストで定着してきたかな?! …隔月連載じゃダメなの?

▼背景とかちょっとサッパリしましたね。個人的にはたっぷり描き込まれてる方が好きなんですけどね。
なんにしろ、ホントに大好きなマンガです。


・おでかけ日和/とぽすけ
▼ちょっと好きになりかけてきたのですが、最終回でした。こちらは単行本が出るそうです。


・ほほかベーカリー/ボマーン
▼「祝・連載50回!!」は先月の『光の大社員』を意識してるのかな(笑)


・嫁の名はキリコ/佐藤ゆうこ
▼まずトビラ絵可愛い。今回はまた夫婦漫才的な掛け合い要素が強くなりましたな。


・子供失格/松山花子
▼「遊べないレベルの人の部屋」とかアブいなー(笑)毒満載でかなり面白い。


・中華なOLめいみん。/高田ミレイ
▼カラー綺麗。相変わらず安定感あります。

▼「ホラ〜この手に握手したじゃナイ!8月号デ…」が不意打ちな感じで笑えました。


・みねちゃんぷるー/岩崎つばさ
▼何で岩崎つばさ作品はこの場所が定位置になるんでしょう?ホームページでは毎回ピックアップされてるし前の連載も単行本完結してるから、人気がないわけじゃないだし…
ジャンプの河下水希みたいなもんなのかな?よくわかんないけど(笑)



今月はこんな感じです。
『鎌倉ものがたり』は毎年2月号は休むんですね。『ちっちゃいナース』は作者さんが入院しましたからね…。早く復帰できるよう祈ってます。

じゃ、また!

まんがタウン2010年1月号

・クレヨンしんちゃん/臼井儀人

▼1コマめでひまわりが遊んでる人形、ちょっとしんこちゃんにもらった人形に似てる…かな?
▼相変わらずノリやすいみさえ。
▼「プッチプチひまわり」はゲンキくんがすっかりマサオくん的ポジションになりましたね(笑)
▼ひまは「みさえちゃん」って呼ぶようになるんですね。色仕掛けまで覚えちゃって…(笑)

▼「しんちゃん新聞」では新作ゲームの広告も載ってますね。『おバカ大忍伝 すすめ!カスカベ忍者隊』という、面白そうなタイトルです。
俺もゲームがど下手じゃなけりゃ買うのになぁ。


・派遣戦士山田のり子/たかの宗美

▼ここまでパターンを作り上げてるのによく続けられるなぁ…4コマ作家はすごい


・天下無双!恋メガネ/富永ゆかり

▼今月はデジタル作画ですね。扉絵イイ!
▼1ページの3コマ目、ゆかりん迷惑メール送ってんのかw
▼社長どんどん可愛くなるな。「ムコさま」の父さんみたい。
▼江村くん、そんなスケールのデカイMだったのかw



・節約家 カオルさん/くらた美香

▼いくらなんでもタウンページは読まないだろ…w
▼トオルのスタイルの良さがなんか笑える。
▼いよいよ展開があるのか!?こんくらいで維持して欲しいけど…。


・光の大社員/OYSTER

▼連載50回。タウンで記念回数出すの珍しい。


・中華なOLめいみん。/高田ミレイ

▼『カスカベ野生王国』のコミック版お疲れ様でした。
▼やっぱ高田ミレイの上品さはクレしんには合わないだろうな…。めいみんを続けてほしい。
▼今回はメイミンちゃんの超可愛い笑顔が見れるのでファン必見!


・鎌倉ものがたり/西岸良平

▼驚いちゃいました。まさか2回も使うとは…。これは是非読んで下さい。


・末裔学園☆おとぎ組/関根亮子

▼賑やかでいいですね。本編で「デザイン募集!」とかちょっとジャンプっぽいw


・嫁の名はキリコ/佐藤ゆうこ

▼キリコの頭身がどんどん縮んでいくw
▼今回はキリコちゃんがツッコミまくりですね。「勉強不足なんだよオメーは」ってw



では今月はこのへんで。

まんがタウン2009年12月号

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
『まんがタウン』今月号の感想を簡単に。


・クレヨンしんちゃん/臼井儀人
▼みさえのメール、おちゃめで可愛いなぁw 
▼川口はアニメから漫画にも登場するようになったキャラ(だったと思う)だからか、顔がなかなか定着しないんでしょうか?
▼外人の写真集だと妄想し、ナイトフィーバーしちゃうのかw
普段から写真集とかコレクションしてるっぽいから、実は頻繁にフィーバーしてるんじゃないかと僕は疑ってるんですけどねw
▼「おなかの袋はだてじゃねぇ」ってどんな鼻歌だよw クレしんキャラの鼻歌は即興にしてはレベル高いぞ!
▼勝手に妄想でニコールを生み出すひろし。なんで関西弁なんやろ。
そういえば、しんちゃんがよしいうすと先生達と韓国言った時のガイドさんもどこで覚えたんだって感じの日本語でしたね。っていうか外人キャラ皆そうかw
▼結局みさえ達が帰ってきてしまい、フィーバーどころじゃない状況に。あせりっぷりに引かれてます。
演技もど下手だと思ったけど、意外と心配されてしまい状況悪化w
▼しかも写真集は格闘家写真集で、ひろしは老化。この老化っぷり尋常じゃねぇw
▼いやー面白かったなぁ。これはぜひアニメ化してもらいたいです。


・派遣戦士 山田のり子/たかの宗美
▼短い髪の人の見開いた目はじめて見た。
▼増刊号に女子高生編掲載…!?み、見たい…!


・そんな2人のMyホーム/樹るう
▼1ページめの爆発でもうヤラレタ。「ユルサンゾー ユルサンゾー」もすごいリアクションw
ギャグ漫画としても普通に面白いなぁ。
▼でも、ふたりがくっついたらやっぱ終わっちゃうのかなぁ。最近ラブプラスってゲームも流行ってるみたいだし、ちゃんとその後も続けて欲しいもんです。…でも「2人」じゃなくなるよなぁ。


・天下無双!恋メガネ/富永ゆかり
▼連載再開だーっ!!やった、やった。(ブログは再開してないけど…いや、連載があれば全然それだけでうれしいんだけどね)
▼新野マイがなにげにレギュラー入りしてるのよね。いやーゆかりん漫画では珍しく賑やかでいいですな。以前web拍手のお返事で、「主要人物は3人までというルールを破って描いている」と教えてくれたのですが、それがとてもいい結果になっていると思います。(偉そうでスミマセン)
▼細かいとこまで楽しめて、やっぱり面白いです。絵もすごい好き。


・商☆魂/胡桃ちの
▼新連載。温泉街の次は商店街ですね。
「OKAMI」とはそんなにかけ離れてない世界観になりそう。


・りさいくるくる繁盛記/田中なつ
▼ゲスト。クレしん除いて、タウンで1番好きな漫画です。
毎回扉絵にも遊び心がありますね。今回は鏡絵。でもコピーは使ってませんよーこれは。
こういう細かい作業が好きなのかもしれませんね、田中なつ先生は。
▼絶対タウン読者なら好きなタイプの作家さんだと思う。はやく連載にしちゃってくださいな。


・嫁の名はキリコ/佐藤ゆうこ
▼ミニスカナース誰得w
▼まだ単行本化しないのかなー。でもたしか「メイドのお仕事」も単行本完結してないからなぁ。
最初のころのが読みたいよう。


・シスコなふたり/後藤羽矢子
▼わたくし、完全椎子さん派宣言します。


・龍天寺夫妻の生活/たかまつやよい
▼あらら、ジャイアニズムですねw
▼「穴より男子」ってテレビでやれるドラマなんですかね?


・節約家カオルさん/くらた美香
▼富田さん最近ウザさが減ってきた。
▼想像はご法度w 普段そういう面を見せないからこそ想像が…(略)


・光の大社員/OYSTER
▼分度器のネタと石原副部長のネタが面白かった。冴えたギャグ!


・末裔学園☆おとぎ組/関根亮子
▼詰め込まれてるよね〜。「りさいくるくる」もそうですが、たっぷり読んだ気になれます。
とはいっても「りさいくるくる」はもっと読ませてくれー!!


・子供失格/松山花子
▼これはもっと話題になってもおかしくない面白さだと思う。またひでぇキャラ出てきたしw


・よせ☆あげ/笹野ちはる
▼弁当屋さん、山田太郎って。親金持ちなのになぜ太郎って付けたのだろう。
しかもタウンには山田のり子があるにもかかわらずw


・中華なOLめいみん。/高田ミレイ
▼おおー!カラーじゃないすか!また綺麗な色だなぁ…。タウンのメインに据えていい漫画。
▼そういえば最近、高田ミレイ先生のタウンデビュー作「けいちゃんに一本!」が単行本化されてたことを知った。い、いつの間に…(お前の知らない間に)。
超欲しいんですけど。まぁ最初のころは絵柄が結構違うけどね。でもいい漫画だった。
もしかして「パパがいなくちゃ!」も収録されてたりするのかな…?


・かりあげクン/植田まさし
▼すごいよなーこのレベル。別次元の面白さ。
毒があるのがたまらない。



という感じです。
もっと絞ろうと思ったのですが、みんな面白くて結構取り上げちゃいました。
(取り上げてない作品も好きなのばかりですけどね。)

それではまた来月。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM