<< 高田ミレイ『けいちゃんに一本!』 | main | まんがタウン2010年6月号 >>

スポンサーサイト

  • 2013.04.05 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


『B'zのオールナイトニッポン』(2005.3.19)を文章化!-2nd beat

JUGEMテーマ:音楽
昨年の夏、急に思い立ち、2005年に特番として放送された『B'zのオールナイトニッポン』の書き起こしを始めました。
それがhttp://dai2-ctb.jugem.jp/?cid=14なんですけども。

いざ始めてみると、わずか5分程度の書き起こしでもめちゃくちゃ時間がかかってしまったため、投げ出してしまっていました。

…で、今回突然再開しました。特に理由はありません。
めちゃくちゃ時間はかかるし、大変なんだけど、こういう作業自体は好きな方なのです。

今回も放送時間2時間の内、前半の20分ぐらいまでしか出来ませんでしたが、今ではすっかり貴重になったB'zのパーソナリティっぷりを楽しんでいただけたら幸いです。

それではどーぞー。


『B'zのオールナイトニッポン』
(2005.3.19放送)



http://dai2-ctb.jugem.jp/?cid=14の続き)

【ジングル1・白い火花バージョン】
松本孝弘(以下「松」):B'zの松本孝弘です!
稲葉浩志(以下「稲」):稲葉浩志です。
アナウンサー:東芝プレゼンツ
松:B'zの
B'z:オールナイトニッポン!


松:はい、えー早速ね、メールが来ているんで稲葉君の方から紹介して頂きたいと思いまーす。
稲:はい、東京都ラジオネーム「ジョージ」さんです。
「カラオケ大会、ボーカルで参加したいです。上手いかどうかは別にして、声の高さだけは凄いです。
『ギリギリchop』の4つ上で歌える声の高さを持っています」(笑)
松:そんなん絶対ない!(大阪弁で否定) ありえへんて!
稲:4つ上って何が4つ上…(笑)
松:4つ上って絶対ない!(大阪弁で強く否定)
稲:「上手いかどうかは期待しないで下さい」って。えーすごい、でも聞きたいですね。
松:まぁでもねぇ、聞かせて頂きましょうよ是非。
はい、えー続いてはですね、ペンネーム「ハチミツボ〜イ」高校1年生ですね。
「僕はB'zに憧れて中学の時からバンドでギターをやってます。僕にとって松本さんは一番尊敬するギタリストです。」 …いい奴じゃないか君。
稲:へへ(笑)
松:「この前ずっと貯めてたお金で欲しかった松本さんと同じギブソンのレスポールを買いました。ギタリスト部門出たいです」。もう是非出てくださいよ!
稲:いいですね。
松:うん、もうあのー、上手でも上手じゃなくたって楽しければいいんだからね。
という訳で今夜は実際何人かの中から歌ったりギターを弾いてもらったりしてもらうので、我こそはというアナタは是非!


(ここでアナウンサーがこの時期のB'zの活動を紹介。松本さんはバンド「TMG」として、稲葉さんはソロでのCD発売、ライブ活動を経てアルバム『THE CIRCLE』を発売)

松:どうですか、この1年半って言うのは。まぁ間で会ってたりはしたもんね。
稲:そうですね。一応ソロでバラバラでしたけども、プロモーションビデオの撮影とかですね、同じフェスティバルに出演してたりしたんで、月一ぐらいか、大体ね。そのぐらいで会ってましたよね。
松:そうだよね。ソロでやろうって言うのは一昨年の『BIG MACHINE』ツアーの時から決まってたことなんですよね、実はね。
稲:そうですね、ツアー中に大体話をして。自分達がやりたい事やるにはこのぐらいの期間かなっていう感じで、スケジュールを出してやったという。
松:まぁ去年はツアーもやったんで、だいぶ長期に渡るソロ活動期間でしたね。
稲:バンドの歴史の中では一番長かったんじゃないですか。
松:うん。楽しかったですか?
稲:楽しかったですね!その、計画立ててる時にはもっと気楽にやってたんですけど。ツアーやって、レコードも作ってみようかなって感じで。
で、やりだすとですね、いろいろ大変だなって事がどんどん出てきてですね…(笑)
松:そうなんだよなー。だって俺ん所なんかボーカル来ねえし。(※TMGのメインボーカル、エリック・マーティンは、最初のキャンペーン期間は家庭の都合で来日出来なかった。そのため歌番組出演時もベースのジャックがボーカルを務めた。)
稲:俺ん所(笑)
松:もうボーカル来ないもん、記者会見だっていうのにー。あのー、TVの番組なんかも生が決まってたから…。もうビビったよ俺ホントに!(苦笑)
稲:会ってないけど、たまに…
松:情報が入るでしょ!?
稲:TMGのトラブル情報が僕の方にちょこちょこちょこちょこ報告が…(笑) そのー、LAの方に(松本さんと)入れ代わりで行ってたりしたじゃないですか。
で、LAに行くとTMGのバンドの情報が入って、「エライことになってる!」って(笑) 「マジそれ〜!?」って(笑) よく聞いてましたね。
松:あの〜、一身上の都合とはいえですね、僕は成田に着いた瞬間に携帯電話の電源を入れたらですね、ボーカルの方からメールが来て、「パッキングもして、準備万端だぜ〜!」っていう所ずーっと読んでくと、「だけど行けないんだよねって(笑)
稲:(笑) もう「行けない」ってすごいですよね。
松:でね、僕マネージャーにそのまま電話したの。そしたらね、マネージャーがすごい笑って電話出んのよ。だから、「あ、コレ知らないんだ、来ないって事」って思ったら「フフ…知ってますよ…もう、なんとかするしかないでしょう」って(笑) もう笑うしかなかったよ!
稲:よく「最後は笑うしかない」って言いますけどね(笑)。
松:ホントそんな感じだったよ。まぁでもですね、長期のソロ期間を経て、個人的に変化とかありましたか?
稲:ど〜ですかね、お互いにあれだけね、濃い活動期間を経てるので、何かしら変化はあると思うんですけど、それがわかるのはもうちょっと先じゃないかなという感じがしますけどもね。
松:そうですね。というわけで、この後はこうしてお互いのソロ活動を経て生まれたB'zの新作『THE CIRCLE』について、じっくりお話していきたいと思います。


【ジングル2・Xバージョン】
アナ:東芝プレゼンツ
松:B'zの
B'z:オールナイトニッポン!


稲:生放送でお送りしております、B'zのオールナイトニッポン。えーワタクシですね、昨日ぐらいから非常にこの、花粉症に似た症状の…
松:いやあなた絶対花粉症!断言)
稲:…あのー、お聞き苦しい声かなと思ってるんですけども。す、すぐ治りま…
松:花粉症、絶対花粉症。
:…非常に似て…
松:ついにデビューしましたねあなた。
稲:…ワタシですか?(苦笑)…花粉症じゃないと思うんですけど…
松:昨日からだよな?ホントに。
:…きのう?…まぁ偶然ね。
松:偶然っていうか花粉症だから。
スタッフ:(笑)
稲:まぁ今日はこんな声ですけども、ご了承下さい。えー、花粉症じゃないと思いますけども。
松:うん。
稲:先程お話した通り、去年1年間、B'zはソロメインで活動しておりましたけども、その活動もいろいろありましたけども、終了して、その後の話なんですけども。
合流したのがですね、9月に僕の方が(ツアーが)終わったんですけど、で、10月の終わりにスタジオに入ったんですけども。その前から実はあれですよね。松本さんの方は、個人的に曲作りを。
松:休んでらんないんだよね、オレ。すぐ何かやりたくなっちゃうの。
稲:ちょっと病気に近いんじゃないの?(笑)
松:いや、病気…じゃないんだけどね。なんかこう、一つの事が終わるともう次の…なんちゅうのかな、音楽活動?
稲:うん、音楽活動なんだけど(笑)
松:やりたくなっちゃうんだよね〜。
稲:でもあのね、メロディーがね、メロディーというか曲の素がスタジオ入る時にあると、やっぱり作業が早いですよね。
松:そうだね。
稲:今回最初の作業で、スタジオに入る前に十数曲分のモチーフがあったので、今回4人−−僕ら二人と、ベースの徳永暁人、ドラムのシェーン・ガラース−−で、毎日「今日はこの曲をやろう」っていう。まぁ素はほとんど弾き語り状態ですね。
松:そうですね、基本的に。振り返ってみればね、最近僕何年もエレキギター持って曲書いてないんだよね。なんか曲書くときってー、アコースティックギターなのよ。
稲:アコギの弾き語りみたいな。
松:そうだね、全部ね。ハードな曲もね。
稲:その中から、僕らが曲を選んで、その曲をバンドで音出しながらアレンジしていくという感じでですね。で、今回はバンドサウンドでずっとやろうという話ではなかったんですけども、結局バンドでやってるのが気持ち良くて。
松:そのまま行ってしまいましたね。
稲:最終的に非常にバンドサウンドのアルバムに仕上がりましたけども。そうして出来上がったこのニューアルバム『THE CIRCLE』なんですけども。どんなアルバムなのか、まずはこちらをお聞き下さい。


(アナウンサーがナレーションでアルバムの解説をする。が、「輪廻」を「りんかい」と読んでしまうというミスを犯す)


松:(アナウンサーに対して)すいません!
アナ:失礼致しました!「りんね」です!
松:りん…「りんかい」はねー…。うーん、でもまぁ輪廻っていうことでね。
稲:「でもまぁ」(笑)
松:(笑)…輪廻ですよ!『THE CIRCLE』。
稲:えー。まぁバンドサウンドという事に関してはさっきちょっと言ってしまいましたけども。そうやってバンドで音出してる時にですね、非常に長い間の休止期間の後のコトもありまして、B'zというバンドが音を出すごとに、スタジオの中で再生していくようなね。
そういう雰囲気がありまして。「バンドとしての輪廻」を感じながらスタジオで、最後までレコーディングをしてたんじゃないかという所で、輪廻=CIRCLE という言葉が導かれたという感じですね。
松:今もう活動を始めて17年目ですけども、とにかく楽曲制作とコンサートをしていく事をずーーっと続けててですね、この後もずーーっと続けて行くんだと思うんけどもね。ぐるぐるぐるぐる回ってるようではありますけども、毎年毎年ステップアップはしてるんですよね。
稲:そうですね!はい。特にツアー中はですね、だいぶ前から「バンド」という感じでね。2人組なんで、デビューした時は、ユニットとかデュオなんて言われ方をしてましたけども。ツアーをやる度にもうバンドという意識がだんだん強まってきて。今ではもうバンドっていう感じですけどもねー。
松:そうですね。それではですね、そんなニューアルバム『THE CIRCLE』の中から何を聴きましょうか。
稲:『Fever』聴いてみましょうか。


〜B'z/Fever〜


松:はい!B'zで『Fever』をお送りしましたけどもね。どうでしたか!…ニューアルバムの曲は。皆さん。
稲:そうですよね。僕に聞いたんじゃないですよね?
松:違います(笑) リスナーの皆さんに聞いてるんです。花粉症のアナタには聞いてません。
稲:フフフ(笑)
松:はい、今日はですね、この後もニューアルバムからの曲を…
:(ちっちゃい声で)かなり似てる(症状なだけだ)と思う…
:(聞いてない)オンエアしていく予定ですので。
:(さらにちっちゃい声で)違うか…
松:お楽しみに!
稲:お楽しみに!!


続きはhttp://dai2-ctb.jugem.jp/?eid=358です。

スポンサーサイト

  • 2013.04.05 Friday
  • -
  • 22:20
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
はじめまして?
B’zラジオ書き起こし凄く面白いです。
どうか頑張って続きをお願いします?
  • イオリ
  • 2010/07/07 11:32 AM
はじめまして!コメントありがとうございます。

読んでくださる人がいるのなら、続きをやらせて頂こうと思います。もうしばらくお待ち下さい!
  • ダイダイ
  • 2010/07/07 3:44 PM
密かにずっと待ってました?15年B’zファンなんですが、何故か2005年のオールナイトだけ知らなくて、やっと書き起こしを見つけたんです?凄く大変だと思いますが気長に待ちますので頑張ってください?
  • イオリ
  • 2010/07/08 12:01 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM