<< クレヨンしんちゃん7/2Bぱーと〜「ゴンザレス」といえばひろしに似た猿〜 | main | クレヨンしんちゃん7/9Aぱーと〜四郎VSハンバーガー強盗〜 >>

スポンサーサイト

  • 2013.04.05 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


『B'zのオールナイトニッポン』(2005.3.19)を文章化!-3rd beat

JUGEMテーマ:音楽
2005年に1度だけ放送された『B'zのオールナイトニッポン』書き起こし。

http://dai2-ctb.jugem.jp/?eid=173
http://dai2-ctb.jugem.jp/?eid=338
の続きです。


稲:はい、えーカラオケ大会のメールがですね、非常にたくさん来てるみたいですよ。ちょっと紹介しましょうか。ラジオネームミスターモンクさんからですね、えー、中3!ということですけど、「僕は最近ギターを始めました。まだ全く何も出来ないんですけど出れますか?」
松:全然出れますよ。
稲:「どんなことから練習したらいいですか?」(笑)
松:えっ?(笑)
稲:…出る、今日ですよ?
松:いや、全然Okay。だからまぁ…なんかそんな感じでいけばいいんじゃない(適当?w)
稲:是非じゃあ、出てください!(こちらも適当?)
松:えー、じゃあこちら埼玉県のラジオネームずみむらまさのりさん。「僕がカラオケでB'zの曲を歌うと、森進一さんが歌ってる感じになりますけど、出ても大丈夫ですか?」
稲:(笑)大丈夫です!森進一さんカッコイイじゃないですか。
松:カッコイイすよねえ。全然Okayです。
稲:えー、東京都世田谷区暴走特急1991さんですね。フフ(ラジオネームに笑)。「松本さん、僕ギターやってるんですけど、さすがにこの時間は親が寝てるんで、アンプにつないで弾いたりしたら激怒されると思います。なんでギターとボーカル部門じゃなくて、笛部門とかないんですか?笛なら音が小さいんで大丈夫じゃないですか?」…いや、笛のパートはないよね。(冷静なツッコミ)
松:笛のパートないよ。…笛も結構迷惑だぜ?この時間。
稲:(笑)うん、怖いよね笛。
松:…続いては?
稲:ハイ、鳥取県米子市のショウジさん。43歳調理師。「ギター部門出たいです」。
松:出てくださいよ〜。
稲:「一年前、失礼かと思いますが、ギブソンの松本さんモデル・キャナリイエローを購入し、この齡になってギターを始めました」。
松:いいじゃないですか〜、ステキ。
稲:「家では子供にうるさいと言われるので、車に小さなアンプを積んでひたすら練習しています」。
松:車で!?はぁ〜。
稲:「多くのギタリストの腕自慢が参加されることと思いますが、ギター親父にもチャンスをお願いします」。
松:もちろんですよ〜。
稲:いいじゃないですか、ねぇ。車でやって。
松:いい趣味だねぇ。なんか素敵だね、すごく。
稲:ひたむきな感じがね、ありますよね。

ここでアナウンサーが割り込んでタイトルコール。「愛のバクダンのど自慢&ギター自慢大会」。リスナー投票で稲葉賞、松本賞を決める。

稲:お〜、もう始まってしまうんですね。これどんな風にみなさん歌ってくるんでしょうかね。興味津々な所ありますけども。
松:まぁとにかく聴いてみたいですね!

ボーカル部門、まず一人目。大学4年生のタカユキくんが登場。毎日178回の腹筋を欠かさないB'zファン。友達からはB'zというあだ名で呼ばれている。ひねる気一切なしのあだ名!俳優になるのが夢だが、TV局の試験を受けて、落ちた。

稲:あ、(電話)つながってるんですか?
松:じゃあ詳しい話を聞いてみましょう。
B'z:こんばんは!
タカユキ:こんばんは!
稲:ブルーな感じですか?今。
タカユキ:あーそうですね、アッパーではないです(?)
稲:でも最終的には俳優になりたいんですよね?
タカユキ:そうですそうですー(軽)
稲:(笑)
松:まぁTV局は落ちたことだからー、俳優になるべくさ、アクションを起こした方がいいんじゃないの?
稲:ここで一気に!
タカユキ:そうですねぇ、オーディションオーディションで。
松:ちなみに、TV局っていうのはどちらをあの落ちられたんですか
稲:「落ちられた」(笑)
タカユキ:あのー、ミュージックステーションがある…
B'z:あぁ〜〜。
稲:あの局ですかぁ〜。
松:それもう稲葉さんに言ってくれればさぁ〜。ちょっと一言言ってくれたのに〜。
稲:コネをね!(笑)
松:オレなんかだって何年もテーマ曲やってるしぃ。(#1090!)
稲:ハハハ(笑)コネも必要ですよね。
松:まぁでも俳優だからな。将来の夢はさ。
タカユキ:そです、そです。
稲:(笑)
松:当面はどんな会社を受けるとか、なんかするわけ?
タカユキ:ハイあの、レコード会社受けようかなって。まぁ厳しいんですけど。
稲:…でもあれですね、方向性が…(笑)まだ定まってないようにも若干聞こえますけどもね(笑)
タカユキ:まぁ夢は広がるという。
稲:あ、いいと思いますよー。
松:ところで歌には自信ありますか、ちゃんと。
タカユキ:えっとですね、カラオケとか行くとみんな爆笑してますね。
稲:いいんじゃないですか。
松:いいねー、その方向性!B'zの得意なナンバーはなんかあるんですか?
タカユキ:いっぱいありますよ〜中でも「ultra soul」とか、「IT'S SHOWTIWE!!」「Brotherhood」、「もうはなさない」とか好きですね。今アツイです。
稲:「今アツイです」(笑)
松:マニアックな曲ですね。
稲:今回の「愛のバクダン」はどうですかね?歌ってみて。
タカユキ:いや、こんなにノれる曲久々で、すこぶる良いです。
:(しみじみと)よかったですね…!
松:ねえ!
タカユキ:あの、歌い終わった後とかご機嫌ですね。
稲:ご機嫌!(笑)
松:いいねえ、それはねえ!
稲:嬉しいお話ですね。
松:作り手としてはもう本望ですね!そう言って頂けるとね。
タカユキ:こちらこそありがとうございます。
アナウンサー:ではタカユキくん、そろそろ参りましょう!タカユキくんの「愛のバクダン」はりきってどうぞ!

(ちょっとモノマネ入ってる感じで熱唱。)

稲:おお〜〜っ(笑)!カッコイイ〜。
松:タカユキくんさぁ〜、いいんじゃないの〜?
タカユキ:ホントですか!?
松:あのね、ピッチがいいよ!あの、音程すごいいいと思う。リズム悪いけどなすごい。
タカユキ:(笑)
稲:でもこの時間だからね。時間関係ねーか。
松:どこで歌ってんの!?
タカユキ:いやもうバリバリ自宅…
稲:バリバリ自宅!
松:あの、お家の中の自分の部屋とか?
タカユキ:あ、そうですね。ご両親には許可を取りました。
稲:ご両親(笑)
松:あ、ご両親には許可を取ってねー。
稲:でもすごいあの〜、いい感じでしたよ!
松:うん、音程が安定してたんで、ビックリしましたねー。
稲:最初のシャウトでかなりオーディエンス掴んでますよね。あれすごいインパクトありましたよ。
タカユキ:恐縮ですハイ。
松:とりあえずこっちのスタジオの方はすごい盛り上がってましたよ。
稲:あの、言葉尻がちょっと「ウゥッ!↑」ってなるのが…かなり強調されて…
タカユキ:あぁ、もう癖になっちゃって…
稲:そうですか!
松:稲葉のマネする人って、みんなあそこすっごい強調するよね。
タカユキ:らしいですね。
稲:「らしい」…フッフッフ。
タカユキ:僕他の曲歌っても全部こうなるとか言われるんですよ。
稲:ホントですか。もう今やタカユキさんの持ち味のひとつになってる感じしますけどね。
松:うーん。
タカユキ:そうかもしれません(笑)
稲:楽しめました、おかげさまでね。
松:ということでタカユキさんありがとうございました!

(続いて2人目の挑戦。「孝弘お兄ちゃん、浩志お兄ちゃん、はじめまして」と、誰かに言わされてる感じで(笑)11歳の女の子・かなちゃんが登場。)

松:もしもーし。(多分笑顔で言ってる)
かな:もしもし。
松:えー、今日頑張れば自分用のCDを初めて買ってもらえるということでね。かなちゃんホントに眠くないの?
かな:ハイ、眠たいです(笑)。
松:眠たいよねえ。
稲:松本さんと同じくらい眠たいんじゃないですか?
松:だって松本さん普段とっくに寝てるもんこの時間。
かな:はぁい。
稲:あ、すごい眠そうですね。大丈夫ですか?
かな:ハイ、大丈夫です(笑)
稲:いつもはこの時間もう寝てますよね。
かな:寝てます。
松:寝てるよねぇ…。
稲:お母さんは?
かな:お母さんは起きてます。
稲:そうですか、応援してくれてるんですね、じゃあね。
松:まぁでもね、今夜頑張って、いい歌歌えれば自分用のCDはじめて買ってもらえるということでね…も〜ホントに〜(?)
稲:いいですね!自分専用のCDが手に入るっていうのは。
松:普段カラオケとかは行くんですか?
かな:いっぱい行きます。
松:あ、お母さんと一緒に行くの?
かな:ハイ。
松:お母さんもB'z歌ってくれるの?
かな:ハイ。
松:お母さんとかなちゃんどっちが上手い?
かな:…う〜ん。どっちもです。
松:かなちゃんの方が上手いんじゃない?きっと!(デレデレした感じで)
かな:…あ〜(笑困)
稲:フフフ(笑)得意な曲とかありますか?
かな:うーんと、「月光」とか…
稲:おわっ、いいですね〜こう、ロマンチックで。
松:あのー、例えばさ、かなちゃんまだ小学5年生でしょ?だからこう、B'z以外にさ、もうちょっとこう、若いバンドとかいるじゃな〜い?(タカユキの時と全然違うテンションw)
稲:…あぁ、そうですよね。
松:そういうのは歌わないの?
かな:歌いません!
松:あの、175Rとかさ、オレンジレンジとかいろいろこう、イマドキの…あるじゃん?
稲:そうですよね。ケツメイシとかね。
かな:いや、歌わないです。
松:歌わないの?B'zだけ?
かな:ハイ。
松:いいね〜かなちゃん、カワイイ、ステキ!(なんかオネエっぽいテンションになったww)
稲:ハハッ(笑)
かな:ありがとうございます…
松:横でお母さん喜んでくれてんじゃないの?
かな:ハイ。
稲:笑い声が聞こえましたよ(笑)。「愛のバクダン」はどうですか?歌ってみて。歌いやすいですか?
かな:歌いやすい…
稲:あ、いいですね、歌いやすいって。もうカラオケでも何回か…あ、もう出てる(配信されてる)のかな?
かな:いや…
稲:じゃああの、CDについてるカラオケで練習していただいてる訳ですね。えー、じゃあもう(かなちゃんが)眠くなっちゃうんで。
松:そろそろ行こうか。ねっ!
アナ:では、かなちゃんの「愛のバクダン」はりきってどうぞー!

(緊張した感じが伝わる11歳の女の子らしい歌声を披露。)

松:イエーイ!フゥーッ!小学校5年生ですよ!
稲:感動しましたよワタシ。
松:もう末はブリトニースピアーズか、クリスティーナ
松&稲:アギレ〜〜ラか!(「レ」に過剰なアクセント)
松:っていう感じじゃないの〜?
かな:(笑)ありがとうございます。
稲:言葉がまっすぐ伝わってきましたね。
松:そうね。もうある意味歌詞の伝わりやすさで言ったら稲葉くんよりハッキリ聞こえてるところありましたね!
稲:ボクの方がちょっと汚れてる感じ…
松:(笑)お母さんはなんだって?
かな:上手だって言ってくれました…。
松:素晴らしいね〜、今度お母さんにも参加してもらおうかな〜?
稲:(笑)
松:ハイ、どうもありがとうございました〜!
かな:ありがとうございました。
松:さぁこの後2時台ではね、いよいよギター部門…
稲:おっ、楽しみですね。
松:電話でどうやってやるんだろうねコレ。とっても不安。
稲:じゃあその前にですね、一曲聴いてもらいましょうか。「パルス」、聴いてください。

続きは、
http://dai2-ctb.jugem.jp/?eid=367
です。

スポンサーサイト

  • 2013.04.05 Friday
  • -
  • 23:25
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
面白い(≧〜≦))ププッ

なんで私は聞き逃してしまったんでしょう?

二人の適当な相槌が目に浮かびます(笑)

後、楽しみにしてまぁす
  • イオリ
  • 2010/07/11 12:12 PM
はじめまして。
書き起こし、ほんッと→にお疲れサマデス。
リアルで聴いたような気になりました。
ダイダイサマのB'zのおふたりへの愛情を感じマス(*^o^*)
続きを楽しみにしてマス。
  • あんじ
  • 2011/01/24 11:30 PM
コメントありがとうございます。

書き起こし、お待たせしすぎてしまい本当に申し訳なく思っております。

続きを書きましたのでよろしければご覧になってください。その続きも早めにアップできるようにしたいと思います。
  • ダイダイ
  • 2011/01/25 3:46 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM