<< クレヨンしんちゃん4/29〜可愛い鎌星4兄弟〜 | main | 今日のオラことば【Vol.48】 >>

スポンサーサイト

  • 2013.04.05 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


『嵐を呼ぶ 黄金のスパイ大作戦』感想(1)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

今回から『黄金のスパイ大作戦』の感想を書いていきたいと思います。

もうバンバン内容に触れまくって書いていこうと思ってますので、まだ観てない方は注意してください。
とっても面白かったんで、是非観に行くことをオススメします!
ほぼ全編ネタバレ記事です!









今年からまた監督が変わって、『3分ポッキリ大進撃』以降の作品の絵コンテを担当していた増井壮一さんが監督デビューされたわけですが、インタビューで「今回はオナラ尽くし」とおっしゃっていたので正直不安でしたがw(毎年期待と不安は抱いてますけど)、まぁ〜面白かった!毎年面白いけど!

なんか他の人みたいに評論っぽいことを書いてみたいのですが、どうも無理っぽいので、今までやってきたアニメ感想みたいに、あっちいったりこっちいったりな感じ(?)でやってみたいと思います。
順番がおかしかったりセリフが間違ってたり、「そんな解釈ありえねーよ!わかってねーな!バーカ!!」とか思われるところがあるかもしれませんが、許してください。



いよいよスタート!「世界スリーサイズ研究所」にまず笑う。
今回はネーミングがどれもナイス!
クレしんの面白さのひとつに、臼井先生の誰も思いつかないような「ワードセンス」があると思うので、近年の作品に出てくる"スケッベ"とか"ウンツィ"はちょっとネーミングそのまんますぎるよな…と思っていて、ちょっとそこは「う〜ん」って感じだったんですが、今回はスカシペスタン共和国、ヘーデルナ王国、ヘガデル博士、メガヘガデルなど、幅広いオナラ関連ワード(?)が使われています。

そしてボスキャラはナーラオ&ヨースルという名前で、『ヘンダーランド』のマカオ&ジョマを彷彿とさせるエレガンスコンビ。"マカオとジョマ"はひっくり返すと"オカマと魔女"になる訳ですが、
"ナーラオ"はひっくり返すと"オナラ"なのでいいとして、"ヨースル"は"するよ"をひっくり返した名前なのか、"よ〜するわ!"が由来なのかどっちなんでしょうね。気になって夜も眠れない。あのカプセルを抱いていないと眠れない。


そして、今回のメインキャラ、スノモノ・レモン。スパイ一族なので偽名(コードネーム)だったということが最後にわかるのですが。
クレしん映画的にはレモンといえば『暗黒タマタマ』の珠由良ブラザーズ(ローズ・ラベンダー・レモン)の一人なので、発表されたとき戸惑ったファンも多かったかと思います。
今回のキャラがなぜレモンという名前になったかというと、某掲示板で書いてる方がいて「なるほど〜」と思ったのは、「スパイ→スッパイ→酸っぱい→レモン」…。…コレだな。

で、スノモノ一家の名前は柑橘類で統一されています。父がプラム、母がライム。
ヘガデル博士の助手コンビはジャガー&マッシュ、研究所の職員はフカシ、トロロ、アカリ、バター、アズマと皆おイモに関係ある名前になっていて、それぞれのグループで統一されたテーマのもとに命名されているのがわかります。


名前の話題だけでちょっと長めになってしまった…。このペースじゃいつまでかかるのやら。


そんなわけで、冒頭はレモンが世界スリーサイズ研究所に潜入したところから始まって、オープニングです。スパイ映画らしく、今までのねんどアニメ史上最もカッコイイ始まり方だったと思います!
っていうかねんどアニメホント毎年すごいよなー!ねんどアニメOP集DVDも出してほしいです。メイキングなんかつけたりして。

T.W.L」もすごい合ってて良かった!テンション上がりますね!
結局「Hey baby!」は映画のOPで聴くことは出来なかったわけですが、「動物園は大変だ」と「夢のENDはいつも目覚まし!」だって映画では使用されてなかったりするし、しょーがないよね。


OP後は野原家の場面。しんちゃんのスカシッペが可視化されていて、高級茶の香りを嗅ごうとしたひろし達の鼻に入っていくのが面白かったです。ベタだけど、丁寧なコント描写がなされてるなぁ〜なんて適当なことを思いましたw またみんなのリアクションが抜群!w 
ひろしの足クサネタもそうですが、屁を使ったギャグっていうのは臭がる人のリアクションによって笑いの質が左右されるのだと改めて気付かされました。そうでしょうよ。
あと、しんちゃんがスカシッペしたときの「あっ。」っていう後ろ姿も笑えました。


そして毎回映画で名言を残すひろしですが、今回は冒頭で名言を放ちました。
屁をするときは音を出して堂々としろ!スカシッペっていうのは卑怯者のする屁だ。覚えとけ
…何言ってんだこの人w でも伏線とまでは言いませんけど、ちゃんと後々の場面にも反映されてるのがまたいいですよね。

今回の映画全体に言えることですが、オナラネタを連発していても「しつこい」と感じないんです。
近年の作品にはそういう、ちょっとしつこいかなぁ…と思ってしまう部分があったと感じることもあったのですが、今回はおバカでありながら、いろんな部分でうまい具合にバランスが取れてる映画なのかもしれないです。それが「テンポが良かった」ということなのかな。


この後しんちゃんが歌ってたアクション仮面の歌の替え歌、なんか凄かったなぁw
「アクション パンチ!アクション キック!」のところを「ムダ毛 抜け!ムダ毛 抜け!」に変えてたのかな?w

「正義の世界へ、GO!」
のポーズはゆーとぴあの「よろしく〜〜ねっ!」のポーズを拝借したものだと思うのですが、お尻を突き出す形になるからコレを使ったんですかね?(と思ったら本家ゆーとぴあはそんなにお尻つきだしてる感じじゃないですね)
また、仮面が膨らんで破裂するところも、「プク〜ッ」って音でオナラ?と思わせてるところが良いです。

そしてしんちゃんの前にレモンちゃんが現れて、しんちゃんをアクションスパイに任命します。
まず骨董品(美術品だっけ?)をコレクションしている主人の住む豪邸に潜入するという指令が与えられました。
こういう潜入調査というのは子供のころ一度は憧れるというか、やってみたいと思いましたよね。大人になってから言うとのぞき的なニュアンスが出ちゃうので言わない方がよさそうですが。

天井裏で勝手にスパイスーツからカエルスーツに着替えるしんちゃんw
「幼稚園で作った」って言ってましたっけ。相変わらずの高クオリティです。
レモンちゃんに注意されて脱いだあと、カエルスーツを畳みながら何やら役に入り込むしんちゃん、かなりの入り込みっぷり。どこで役者スイッチが入るかわからないw

この家の主人、手作りの警報機を仕掛けてるとかちょいとした変人ですねw 
ただ娘さんは健康的美人。


この潜入調査は単にしんちゃんの能力を試すために行われたものだったようで、ここでもアクション仮面をエサにスパイとしての訓練を行うことになります。
この訓練は実際スパイとしての訓練というよりは、合鍵としてヘガデル博士の研究所に潜入させるための仕込みだったことが後にわかるのですが。
リンボーダンス、コサックダンスや壁に激突する訓練がそれですね。

ちなみに、訓練をする度にレモンちゃんがシールをあげていたチェックシートは、映画パンフレットにも付録としてついています。今回のパンフレットはこのチェックシートの他にもキャラクター診断&認定書が付いてきていて、子供向け雑誌のようになってますね。
そうだ、しんちゃん図解もあるんだ。B型、身長105.9cm、体重22.8kg、靴のサイズ12cm、視力は両目2.0。目いいな!
原監督時代辺りからパンフレットがやけに大人向けのデザインになっていたので(僕は自分が子供でありながらそういうデザインが新鮮で好きでしたが)、これはこれでイイなぁと思いました。
まぁ「そもそも大人向け、子供向けってなんじゃい!」って思うこともありますけども…


続いては河原での訓練。
スパイヨーヨーの使い方を教えるときのレモンちゃんの言葉がちょっとグッときますね。
「私はやればできる…!私は一流のスパイだ…!」みたいな。
このあと出てくるレモンちゃんの親子事情とかを思うと。感情が表に出てる感じもいいです。

ヨーヨーを使って登った木の上で景色を見てるとこイイですね!
どうでもいいですが、僕は「木に登った二人が景色を観ながら話す」場面が大好物です。なんかキュンとします。


そして河原でBBQ的なことをしているおねいさん達(増刊号に掲載されているコミック版には「野外調理実習中の女子大生」と書いてあります)を見つけたしんちゃんが、親と連絡を取り合ってるレモンちゃんと離れたスキにやってきたジャガー&マッシュ。
さらいに来たというか、助けに来た(説得しに来た)って感じなのですが。

この二人は関ジャニの村上くん、大倉くん(ジャニーズの方はくん付けしたくなる)が演じているので、それ目当てで映画を観に行ったファンの方も多いと思います。
何かの記事で「この二人が出るから関西弁のキャラに変更した」と読みましたが、ヘガデル博士を演じている山野史人さんも大阪出身の方ですし、どの段階でそういう方向転換が行われたのかな。
もしも関ジャニの二人が演じていなかったとしても、ヘーデルナ王国の人々がみんな関西弁を使う設定になったのは良かったと思います。
特にこのジャガー&マッシュは関西弁になったことで魅力が増したはず。
…というか、こんなに関ジャニがクレしんに関わってくれたことに感謝の気持ちでいっぱいですw(誰目線だよって感じでスイマセン)
主題歌も含め、ここまでコラボが素敵なことになるとは思ってなかったです。




すごい中途半端なところですが、いったんここで切らせていただきます。

スポンサーサイト

  • 2013.04.05 Friday
  • -
  • 16:04
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM