<< 名作ランキングリクエスト受付開始!と、自分語り | main | 『DVDメモリアルボックス1992‐1993』&『ぶりぶりざえもんほぼこんぷりーと』買いました >>

スポンサーサイト

  • 2013.04.05 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


まんがタウン2011年8月号

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
まんがタウン8月号、発売されました。
最近のまんがタウンは最終回ラッシュですよね。

ということで、2011年1月号以降に終了した作品リストを作ってみました。連載期間間違ってたらスイマセン。(※休載期間含んでます。)


『末裔学園☆おとめ組』 (1月号。連載期間2年4ヵ月。)
『シスコなふたり』 (3月号。連載期間4年。ただしゲスト登場期間は除く。)
『飼っちょるハムスター』 (4月号。連載期間2年6ヵ月。ただしゲスト登場期間除き、連載休止期間含む)
『不思議くんJAM』 (4月号。連載期間4年。ただし休載期間含み、前作『ミルククラウンの王子様』の期間は除く。)
『おどりませんっ!』 (5月号。連載期間1年。)
『みねちゃんぷるー』 (6月号。連載期間2年6ヵ月。)
『そんな2人のMyホーム』 (7月号。連載期間5年7ヵ月。)
『ほほかベーカリー』 (7月号。連載期間5年7ヵ月。「まんがタウンオリジナル」で連載開始)
『嫁の名はキリコ』 (8月号。連載期間4年2ヵ月。)


…と、2月号以外は毎月最終回が出ている状況です。

これらの作品の中でも、ボマーン先生と後藤羽矢子先生は連載終了後すぐ新作の連載が発表されましたが、長い間タウンで活躍されていながら一旦お別れ(?)となってしまった漫画家さんもいます。

とくに小池田マヤ先生、佐藤ゆうこ先生はタウン前身の『クレヨンしんちゃん特集号』時代から連載をされている方でした。



一方、2011年1月号以降の新連載の方はどうなっているのかというと、

『少年アシベ』 (6月号)
『偽装男子』 (6月号)
『魔法女子高生 トラノイーカルナ』 (6月号)
『ケイくんとアヤメさんがルームシェア』 (8月号)
(『子供失格』は8月号から毎月連載化)

と、わずか4作品です。
載っている作品数自体も昨年と比べると少し減っています。
全体のページ数は変わっていませんし、ゲストだとか隔月連載だとかで毎回変動してはいるとはいえ、少し寂しいです。
っていうか『少年アシベ』はただの再録だし、こんなことしないでほしかったと思ってます。


願うなら、お馴染みの顔ぶれの漫画をずっと読んでいたいって気持ちがあるんですよね…。
そんなことあり得ないんですけど。
なんか、4コマ漫画って定着してナンボだと思ったりするんで。



結局何が言いたかったのかわからないままですが、ここからは今までどおりの感想的なやつです。



新クレヨンしんちゃん/臼井儀人&UYスタジオ

▼マサオくんの名字は佐藤だという設定をハッキリさせるため(?)のセリフが出てきましたね。
今後アニメでも活かされてくるのでしょうか。

▼新クレしんは今まで臼井先生が作ってきたワキ役のキャラをスターシステム的な感じで再登場させる傾向がありますね。というか、今はまだ「クレヨンしんちゃん」の再現の段階って感じでしょうか。(違うか)
個人的には今までの世界観を守っていこう!だけじゃ物足りなくなっていくと思うのですが、だからといって壊せばいいってもんじゃないし…。難しいな。
何にせよ応援していくつもりだけど。

▼今回のマユツバ子ども塾(「マユツバ」というワードも頻繁に登場しますね)の先生は内巣塩人(12巻に登場)とそっくりです。


派遣戦士山田のり子/たかの宗美

▼「東北・北関東と共に歩いて行こう」って扉に書いてあるけど…同じ日本なんだから当たり前だと思う。


ちっちゃいナース/荻野眞弓

▼こんなナース用の水着あるのか?w瞳子さんだからこんな感じになったのかな。


ケイくんとアヤメさんがルームシェア/ボマーン

▼『ほほかベーカリー』のボマーン先生の新作。なんかライトノベル?っぽいタイトルだと思いました。別に話も絵も似てないけど、美月李予先生の『OH!シスター』をちょっと思い出した。
『ほほか』ほど自由な感じにはならなさそうだけど、これから楽しみ。あんまりストーリーにはならないでほしいな…


嫁の名はキリコ/佐藤ゆうこ

▼最終回。寂しいなぁ。続編で「娘の名は○○」みたいなの始まらないかなぁ。


SHIN-MEN/原作:臼井儀人 脚本:中島かずき 作画:相庭健太

▼やっとニョキのメイン回。先週アニメでも放送されましたね。
っていうか最初、コミック版はアニメとは違うオリジナルストーリーって言ってなかったっけ?w
今回は完全に同じ展開ですが…。
でも、アニメ版は湯浅さんらしい世界観とか動きを中心に感覚で見れて、ドラマチックなストーリーや少年マンガ的な熱さをコミック版で楽しむ事が出来るから、それぞれ楽しみ方は分けられてるとは思う。それぞれ好きです。


あ、広告ページでコミック版「アクション仮面VSハイグレ魔王」のお知らせが載ってますね。
(コミック版と言うよりは高田ミレイ版と呼びたいです。)
もしかして、今までの映画全作コミック版で出そうとしてるのかな…。

うーん、でもこの影響(たぶん)で『中華なOLめいみん。』が休載になるのがイヤなんですけどw っていうか『めいみん』の単行本も出してくれよ〜!



ママはパートマスター/田中なつ

▼田中なつ先生きたあああ!!でもまたゲストかーい!!
誰かが休載する時用の代原みたいなポジションなのかな…。

▼僕はもうなつ先生の絵を見るだけで心が癒されるんです。(もちろんネタも好きです)
次こそ連載で登場してほしいです!


節約家・カオルさん/くらた美香

▼『カオルさん』って、正直人気どれくらいあるんだろう…。このポジションの割には(失礼)かなりの長寿連載だよなぁ。カラーとかにもならないし…いや、すごい好きだからこんな感じでずっと続いてほしいんだけどね。


鎌倉ものがたり/西岸良平

▼タウンで見開きページがあるとビックリするw 昔は巻末連載だった「ユッタリ号つれづれ日記」(だっけ?)とかでやってたけど。


ファミコン/美月李予

▼3回連続ゲストの第2回。美月先生の作品も「クレヨンしんちゃん特集号」の頃から読んでたから、また連載始めて欲しいなぁ。


せんせといっしょ!/笹野ちはる

▼最近ますますハマってきました。なのにこの位置…。タウンって掲載位置に何か意味があるのかな。


間の広告ページにケータイ漫画大賞の1次選考結果が載ってますけど、「ティーチャーラビット」って作品の佐藤晴美さんって何回かタウンに登場済みですよね。
ケータイ漫画読まないけど、今後の選考にも残ってほしいです。


スポンサーサイト

  • 2013.04.05 Friday
  • -
  • 02:43
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM